アンドレ・プレヴィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プレヴィンから転送)
移動先: 案内検索
アンドレ・プレヴィン
André George Previn
Andre Previn (on In Tune, BBC Radio, 2012).jpg
2012年
基本情報
出生名 アンドレアス・ルートヴィヒ・プリヴィン
Andreas Ludwig Priwin
生誕 (1929-04-06) 1929年4月6日(88歳)
ドイツの旗 ドイツ国 ベルリン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル クラシック音楽
映画音楽
ジャズ
職業 指揮者
ピアニスト
作曲家
担当楽器 ピアノ

アンドレ・プレヴィンAndré George Previn, KBE, 1929年4月6日 - )は、指揮者クラシック音楽映画音楽及びジャズピアニスト作曲家である。出生名はドイツ名でアンドレアス・ルートヴィヒ・プリヴィン(Andreas Ludwig Priwin)といい、アンドレはフランス風の名乗りである。

ベルリンユダヤ系ロシア人の音楽家の家庭に生まれ、ナチス政権を逃れて一時期フランスで教育を受けた後、1938年から家族に連れられアメリカへと渡り、1943年に合衆国市民権を獲得した。なおプレヴィン自身は、混迷した時局やアメリカ亡命の渦中で出生証明が失われており、自らの生年について確実ではないとしている。

音楽活動[編集]

指揮[編集]

ピエール・モントゥーに指揮法を学んだ後、1967年ヒューストン交響楽団の音楽監督を皮切りに、ロンドン交響楽団(1968年 - 1979年音楽監督、1992年 - 桂冠指揮者)、ピッツバーグ交響楽団(1976年 - 1984年)、ロサンジェルス・フィルハーモニック(1985年 - 1989年)、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団(1985年 - 1987年音楽監督、1987年 - 1992年首席指揮者)、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団(2002年 - 2006年)などで音楽監督、首席指揮者などのポストを歴任した。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との関係も深く、世界で最も著名な指揮者の一人に数えられている。また2009年9月より3年間の予定で、NHK交響楽団の首席客演指揮者に就任した。

ピアニスト[編集]

10代の頃からジャズを演奏し、1940年代当時黎明期にあった初期モダンジャズビバップスタイルに影響を受けたプレイで「天才少年」として注目された。1953年からは、ウェストコースト・ジャズ界の名トランペット奏者ショーティ・ロジャースの楽団に所属した。1960年代までジャズ・ピアニストとして多くのレコードを製作しているが、この分野での代表作としては、トリオ編成のアルバム『キング・サイズ』(King Size, 1958年)、女性歌手ダイナ・ショアと共演した『ダイナ・シングス、プレヴィン・プレイズ』(Dinah Sings Previn Plays, 1960年)、シェリー・マンとの『マイ・フェア・レディ』などが挙げられる。また、1980年代後半から1990年代初頭にかけて、レイ・ブラウンを迎えてピアノ・トリオで録音を残している。

イギリスでは、コメディ番組に「ミスター・アンドルー・プレヴュー」(Mr Andrew Preview)の名で出演し、グリーグピアノ協奏曲のパロディを指揮して演奏してみせたことで知られている。

クラシックの分野では、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団および同団員と共演した、モーツァルトブラームスの協奏曲や室内楽曲をはじめ多数の録音がある。また、ガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』や『ピアノ協奏曲ヘ調』では、ジャズの素養を生かした弾き振りの録音を残している。日本でもNHK交響楽団とのモーツァルトのピアノ協奏曲第24番ハ短調を演奏している。

映画音楽[編集]

キャリア初期のロサンゼルス時代にはハリウッドの大手映画会社MGM専属となり、多くの映画において映画音楽の作曲や編曲、音楽監督を務めている。プレヴィンが何らかの形でかかわった作品としては、『キス・ミー・ケイト』(1953年)、『絹の靴下』(1957年)、『恋の手ほどき』(1958年)、『あなただけ今晩は』(1963年)、『マイ・フェア・レディ』(1964年)、『ペンチャー・ワゴン英語版』(1969年)、『ジーザス・クライスト・スーパースター』(1973年)などがある。なお、『オーケストラの少女』(1937年)などの音楽で知られる映画音楽作曲家チャールズ・プレヴィン英語版は、アンドレの父の従兄弟にあたる。

長年にわたるハリウッド映画界やクラシック音楽界とのかかわりから、近年のプレヴィンは大先輩というべきコルンゴルトの再評価にも尽力している。最近のテレビのインタビューではアカデミー賞は通算4回受賞したが、16回ノミネートされて落とされたことを告白している。

純音楽作品[編集]

純音楽(クラシック音楽)における自作品としては、ウラディーミル・アシュケナージへの献呈作『ピアノ協奏曲』やハインリヒ・シフに献呈された『チェロ協奏曲』、2002年に当時の新妻アンネ=ゾフィー・ムターのために作曲した『ヴァイオリン協奏曲』、ジョン・ウィリアムズのために書かれ、ジャズバンドも加わる1971年の珍しい『ギター協奏曲』、金管アンサンブルでは『金管五重奏のための4つの野外音楽』、また声楽のジャンルでは最初のオペラとなった『欲望という名の電車』(1998年サンフランシスコにて初演)や歌曲集『ハニー・アンド・ルー』、室内楽では『オーボエ、ファゴット、ピアノのための三重奏曲』(日本初演は作曲者と茂木大輔他によって行なわれた)などが挙げられる。

代表的な録音[編集]

クラシック音楽の指揮者として、管弦楽曲の演奏・録音が活動の中心であり、とりわけスラヴ系の音楽とイギリス・アメリカ近現代の音楽の録音で評価を得てきた。ロンドン交響楽団ピッツバーグ交響楽団ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団ロサンジェルス・フィルハーモニック在任期間を通じて、こうした非独墺系作曲家の作品に多くの録音を残したため、独墺系のレパートリーに消極的と見られる傾向があったが、これはレコード会社の施策によるところが大きく、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との録音が増加した1990年代以降には、リヒャルト・シュトラウス作品や、ヨハン・シュトラウスオペレッタこうもり』全曲など、ディスコグラフィの幅を広げている。ユダヤ系ロシア人としてドイツに生まれ、フランスに学んで英米生活が長いプレヴィンは国家・民族のデパートともいうべき履歴の持ち主であり、事実そのレパートリーは居住経験も血縁もなかったイタリア物を除く広範囲をカバーしている。

ロンドン交響楽団とのメンデルスゾーン夏の夜の夢』や、チャイコフスキー眠りの森の美女』では、通常演奏されることが稀なナンバーを収めた全曲版を用い、いまだに各曲の代表的録音となっている。また、ラフマニノフ交響曲第2番では、1973年の2度目の録音に際して、それまで慣例的に行われていたカットをすべて復元してこの曲の真価を広く伝えることに貢献し、以後ノーカットでの演奏が当然となる先鞭をつけた。

このほか、ドヴォルザーク交響曲第7番及び第8番チャイコフスキー交響曲第4番グリーグピアノ協奏曲ラフマニノフ交響的舞曲ガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』、プロコフィエフヴァイオリン協奏曲第1番と『ロメオとジュリエット』、交響曲第5番スキタイ組曲ショスタコーヴィチ交響曲第4番、「ヴォーン・ウィリアムズ交響曲全集」、ウォルトン交響曲第1番と2つの戴冠行進曲、『ベルシャザールの饗宴』、オルフの『カルミナ・ブラーナ』などに加え、ピアニストとしては前述のモーツァルト、ブラームスやウラディミール・アシュケナージとの2台ピアノによるラフマニノフのロシア狂詩曲、2台のピアノのための組曲「幻想的絵画」の録音が、知られている。

また、リヒャルト・シュトラウスの管弦楽作品も得意としており、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団と録音した一連のCD(テラーク・レーベルによる『英雄の生涯』や『アルプス交響曲』、『ツァラトゥストラはかく語りき』、そしてドイツ・グラモフォンレーベルによる『家庭交響曲』)などが知られている。

私生活[編集]

ハリウッドの著名人にはよくあるように、プレヴィンは結婚回数の多い人物であり、映画『くちづけ英語版』主題歌の作詞家ドリー・プレヴィン(Dory Previn)、女優ミア・ファロー(間に韓国人の養女スン=イーがいる)、ジャズ・シンガーのベティ・ベネットなどとも結婚歴がある。ヴァイオリニストアンネ=ゾフィー・ムター2002年に再婚したが、仕事で忙しくて会えないとの理由で2006年に離婚している。ムターとは、シベリウスやチャイコフスキーなどの協奏曲を録音したり、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタやピアノ三重奏曲を録音したりした。

余談だが、シェーンベルクと卓球の試合をしたことがある。ちなみにプレヴィンの圧勝だった。

N響アワー』のインタビューでは、ラフマニノフのピアノの生演奏を聴いたことがあると語り、「とても偉大なピアニストであった」とコメントした。

受賞歴・叙勲[編集]

さまざまな分野におけるアメリカ国内外の楽壇への功労から、1998年にはケネディ・センター賞(Kennedy Center Honors)を授与されたほか、イギリスではナイトKBE)に叙勲された(英国籍ではないため「サー」を名乗ることは正式には認められていないが、ウィーンをはじめヨーロッパでのコンサートのポスターなどには、Sir André Previnの表記が多く見られる)。

外部リンク[編集]

先代:
NHK交響楽団
首席客演指揮者
2009年 - 2012年
次代: