ハインリヒ・シフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ハインリヒ・シフ
生誕 (1951-11-18) 1951年11月18日
出身地  オーストリアグムンデン
死没 (2016-12-23) 2016年12月23日(65歳没)
ジャンル クラシック音楽
職業 チェリスト指揮者
担当楽器 チェロ

ハインリヒ・シフ(Heinrich Schiff, 1951年11月18日 - 2016年12月23日)は、オーストリアチェリスト指揮者[1][2][3][4][5][6][7][8][9]

経歴[編集]

グムンデン生まれ。6歳からピアノを、9歳からチェロを習い始め、トビアス・キューネに師事した。後にアンドレ・ナヴァラの指導も受けている。いくつかのコンクールでの入賞を基に音楽キャリアをスタートさせたが、1972年にオーストリアのグラーツで開かれた国際現代音楽協会(ISCM)演奏会で病気のムスティスラフ・ロストロポーヴィチの代役としてルトスワフスキチェロ協奏曲を演奏し大絶賛を博し、これにより彼の名が世界に知れ渡るようになった。その後は世界各地の著名なオーケストラと共演を重ねた。2008年に脳卒中を発症して演奏活動を一時停止する[10]。リハビリの末、2009年から演奏活動を再開するも、2012年にはチェロ演奏から引退した[11]

1990年から指揮活動にも旺盛に取り組むようになり、世界各地のオーケストラに招かれた。ブレーメン・ドイツ室内フィルハーモニー管弦楽団ノーザン・シンフォニア、コペンハーゲン・フィルハーモニー管弦楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、ムジーク・コレギウム・ヴィンタートゥアーなどの首席指揮者、首席客演指揮者を歴任し、1990年からリンツ・ブルックナー管弦楽団首席客演指揮者を務めた。

ウィーンにて没。

ディスコグラフィ[編集]

[編集]

  1. ^ Heinrich Schiff: Der große Meister des Cellos ist tot”. diepresse.com. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  2. ^ ZUM TOD DES CELLISTEN UND DIRIGENTEN”. BR-Klassik. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  3. ^ Cellist Heinrich Schiff gestorben”. Zeit online. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  4. ^ BIOGRAPHIES”. heinrichschiff.com. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  5. ^ The Conductor Heinrich Schiff”. heinrichschiff.com. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  6. ^ The Cellist Heinrich Schiff”. heinrichschiff.com. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  7. ^ Cellist en dirigent Heinrich Schiff overleden”. NOS. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  8. ^ The cellist and conductor Heinrich Schiff has died”. gramophone.co.uk. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  9. ^ Von Bach bis Lachenmann”. nzz.ch. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  10. ^ Daniel Ross. “We've just lost the cellist who gave us this unbelievable performance”. Classic FM. オリジナル2016年12月24日時点によるアーカイブ。. http://www.peeep.us/1afec7dd 2016年12月24日閲覧。 
  11. ^ [1]