ヤン・パスカル・トルトゥリエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤン・パスカル・トルトゥリエ
Yan Pascal Tortelier Iceland Symphony's Principal Conductor.jpg
基本情報
生誕 (1947-04-19) 1947年4月19日
出身地 フランスの旗 フランス
学歴 パリ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ヤン・パスカル・トルトゥリエYan Pascal Tortelier, 1947年4月19日 - )は国際的に著名なフランス出身の指揮者ヴァイオリニスト。主に北アイルランドイングランドで活躍を続けている。往年の名チェリストポール・トルトゥリエの長男。

経歴[編集]

4歳からピアノヴァイオリンを始め、その後14歳でパリ音楽院に入学。ナディア・ブーランジェに師事するかたわら、シエナで指揮法をフランコ・フェラーラに師事。その後トゥールーズミシェル・プラッソンの助手を務める。現在は指揮者として、欧米やオーストラリア日本などの各地で客演している。

1992年から2004年まで首席指揮者として、マンチェスターBBCフィルハーモニックと積極的な演奏活動・録音活動を展開。マンチェスター方言ができずにフランス語風の抑揚のついた英語を話すと言われるように、レパートリーにおいても近代以降のフランス音楽を得意としており、シャブリエフォーレショーソンデュカスデュティユーの主要な管弦楽曲を集中的に録音してきた。ドビュッシーラヴェルについては、初期作品や編曲、オーケストラ伴奏歌曲も含む管弦楽曲の全曲録音を制覇した。リリー・ブーランジェの主要な声楽作品の録音は、国際的に評価が高い。1992年にラヴェルの《ピアノ三重奏曲 イ短調》を管弦楽用に編曲して、イギリスで録音しただけでなく、ロンドンサンフランシスコプラハコペンハーゲンメルボルン東京で自ら指揮している。

客演指揮者としては、フランス音楽に特にこだわることなく、リズム感や音色感覚に優れた資質を活かして、バルトークなどの近現代を中心とするレパートリーで実力を発揮し、高い評価を呼んでいる。

脚注[編集]