ユッカ=ペッカ・サラステ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ユッカ=ペッカ・サラステ
Jukka-Pekka Saraste
2.IX Orchestra FIlarmonica di Helsinki.jpg
基本情報
生誕 (1956-04-22) 1956年4月22日(62歳)
出身地  フィンランド ハメ州 ラハティ
学歴 シベリウス音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

ユッカ=ペッカ・サラステJukka-Pekka Saraste, 1956年4月22日 - )は、フィンランド指揮者

略歴[編集]

ヴァイオリン奏者として教育を受けた後、シベリウス音楽院ヨルマ・パヌラの元で指揮法を学んだ。同級生にエサ=ペッカ・サロネンオスモ・ヴァンスカがいる。

フィンランド放送交響楽団において、サラステは第2ヴァイオリンの一員として活躍し、後にはレイフ・セーゲルスタムに師事した。

ユッカ=ペッカ・サラステは、アヴァンティ室内管弦楽団(Avanti! Chamber Orchestra)の設立メンバのひとりであり、タミサーリ音楽祭(Tammisaari Festival)の発案者でもある。彼は2000年に音楽における功績によってフィンランド政府から賞をうけており、シベリウス協会シベリウス・メダルを彼に与えている。サラステはヨーク大学の名誉博士号も持っている。

フィンランドの外では、サラステはトロント交響楽団の音楽監督を1994年から2001年にかけて務めた他、BBC交響楽団の首席客演指揮者を2002年から2005年にかけて務めた。その後、2006年8月にはアンドレ・プレヴィンの跡を継ぎ、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任した。2008年/2009年シーズンからラハティ交響楽団の芸術アドヴァイザー兼首席指揮者を務めている(2010年/2011年シーズンまで)。2010年にはケルンWDR交響楽団の首席指揮者に就任。

外部リンク[編集]

先代:
ロドリック・ブライドン
スコットランド室内管弦楽団
首席指揮者
1987年 - 1991年
次代:
アイヴィー・ボルトン
先代:
イルジー・ビエロフラーヴェク
BBC交響楽団
首席客演指揮者
2002年 - 2005年
次代:
デイヴィッド・ロバートソン
先代:
オスモ・ヴァンスカ
ラハティ交響楽団
芸術監督
2008年 - 2011年
次代:
オッコ・カム