セミヨン・ビシュコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セミヨン ビシュコフ
生誕 (1952-11-30) 1952年11月30日
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
学歴 レニングラード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者
公式サイト 公式HP

セミヨン・ビシュコフ(Semyon Bychkov、: Семён Ма́евич Бычко́в Semjón Májevič Byčkóv; セミヨーン・マーイヴィチ・ブィチコーフヘブライ語: סמיוֹן ביצ'קוֹב‎‎、1952年11月30日レニングラード 生まれ)は、ロシア出身の指揮者。妻はピアニストマリエル・ラベック

略歴[編集]

レニングラードの医者の家に生まれる。アメリカの指揮者である弟のヤコフ・クライツベルク、そして彼らの高祖父はオデッサ歌劇場の指揮者であった。 グリンカ児童合唱教室に10年にわたって在籍して学んだのち1970年に卒業し、同年レニングラード音楽院に入学してイリヤ・ムーシンに師事する。19歳でレニングラード音楽院を首席で卒業する。1973年ラフマニノフ指揮者コンクールの覇者となり、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団の指揮を打診されるが、政治信条を理由に公演が流れる。1974年にソ連から亡命する。

政治亡命[編集]

1980年グランド・ラピッズ交響楽団ミシガン州)の音楽監督に就任するため渡米する。在任は1984年までだったが、1983年米国市民権を取得、実質上の政治亡命であった。

その後[編集]

1989年から1998年までパリ管弦楽団の音楽監督に就任し、その後ケルンに移り、ハンス・フォンクの後任としてケルン放送交響楽団の指揮者に就任した。ユダヤ系ロシア人ではあるが、ヘルベルト・フォン・カラヤンに心酔し、その音楽美学を引き継ぎ、お家芸というべきロシア音楽だけでなく、ドイツ音楽やフランス近代音楽のいずれも得意としている。代表的な音源に、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団との共演によるショスタコーヴィチの《交響曲 第8番》や、パリ管弦楽団との共演によるラフマニノフの《交響曲 第2番》がある。

外部リンク[編集]

脚注[編集]


先代:
ジュリアス・ルーデル
バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団
音楽監督
1985年 - 1989年
次代:
マキシミリアーノ・バルデス
先代:
若杉弘
(常任指揮者)
ザクセン州立歌劇場
首席指揮者
1998年 - 2002年
次代:
ジュゼッペ・シノーポリ
先代:
新設
BBC交響楽団
the Günter Wand Conducting Chair
2013年 -
次代:
-
先代:
イルジー・ビエロフラーヴェク
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
音楽監督
2018年 -
次代:
-