シベリウス音楽院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヘルシンキのダウンタウンに位置するシベリウス音楽院

シベリウス音楽院(シベリウスおんがくいん、フィンランド語: Sibelius-Akatemiaスウェーデン語: Sibelius-Akademin)はフィンランドの首都、ヘルシンキを本拠地とする音楽大学1882年、ヘルシングフォシュ音楽院(Helsingfors musikinstitut)として設立され、1939年、フィンランドの著名な作曲家であるジャン・シベリウスに由来する現在の校名に改称された。フィンランドでは唯一の音楽大学である。ヨーロッパの音楽大学の中では有数のマンモス校であり、学生数はおよそ1700人である。

学位[編集]

シベリウス音楽院における主要学位は音楽修士号Master of Music、MMus)である。また、音楽院は芸術及び研究専攻の為の大学院課程の学位:Licentiate of Arts in Music [Lic.A. (Mus.)] と Doctor of Arts in Music [D.A. (Mus.)] を授与している。

ジュニア・アカデミー[編集]

ジュニア・アカデミーは、フィンランド国内の優秀な学童のために開かれている。実質上、国際的に知られたフィンランドの全ての音楽家は、青年期をこのジュニア・アカデミーで過ごしていると言ってよい。生徒一人一人のカリキュラムが異なるため、実際の教育プログラムでは無い。授業は通常、土曜日に開かれる。130人の学童のうち、約半数は週末のジュニア・アカデミーの音楽レッスンのためにヘルシンキ都市圏外からやって来る。教授は、通常の学生の独奏レッスンと同じ方法(専門楽器による週2時間の指導)で学童に授業を行う。作曲法ジャズ民族音楽の勉強が取り組まれることもあり、また、オーケストラ演奏、室内楽音楽理論もジュニア・アカデミーで教えられる。

フィンランドでの地位[編集]

フィンランド音楽学界は、シベリウス音楽院の役割について、単一の機関が国内の重要な役割を背負っていることは特異だとして、多くの論争を巻き起こしている。フィンランド政府がシベリウス音楽院を支えているために、音楽院には実質上の競争相手が存在せず、その結果として、フィンランド国内の優れた学生はシベリウス音楽院を選ばざるを得ない状況に陥っている。複数の大学間による健全な競争が欠如している現状が、好ましいものであるとは看做されていない。しかし、音楽院の学生の中では競争が極めて激化しており、国際的な音楽コンクールの優勝者数に関して言えば、ベルリンベルリン芸術大学ロンドン英国王立音楽院(RAM)、モスクワモスクワ音楽院フィラデルフィアカーティス音楽院と並び、世界でも上位5校に数えられている。

シベリウス音楽院では学費が存在せず、学生は24時間使えるグランドピアノが置かれたリハーサル室に自由に出入りが出来る。器楽の全学生は週末の Kallio-Kuninkala での室内楽に無料で参加することも推奨されている。Kallio-Kuninkala はヘルシンキの30キロメートル北部に位置する古く美しい荘園である。シベリウス音楽院交響楽団はフィンランドや国外の一流指揮者によって指揮される主要オーケストラである。弦楽器及び管楽器の奏者は全てこの交響楽団に毎学期参加することが義務付けられている。Helmi Vesa ピアノコンクールが半年に1回、Maj Lind 国際ピアノコンクールも同様に音楽院によって催される。

著名な教師及び卒業生[編集]

外部リンク[編集]