ピーター・ウンジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピーター・ウンジャン(Peter Oundjian, 1955年 トロント – )は、カナダヴァイオリニスト指揮者

略歴[編集]

アルメニア人の父親とイングランド人の母親の間に、5人きょうだいの末っ子として生まれる。イギリスで教育を受け、7歳の時にイングランドマヌーグ・パリキアンヴァイオリンを師事した。英国王立音楽大学に進んだ後、ニューヨークに留学してジュリアード音楽院イヴァン・ガラミアンドロシー・ディレイイツァーク・パールマンに師事している。

1980年チリのビーニャ・デル・マール国際ヴァイオリン・コンクールで優勝する。東京カルテットに第1ヴァイオリン担当として入団し、14年にわたって目ざましい業績を残した。1981年からは、イェール大学音楽学部の助教授として教鞭を執っている[1]。再三にわたる腱鞘炎のために演奏家としての活動から引退せざるを得なくなり[2]、指揮者への転身を図った。

1998年から2003年までアムステルダム・シンフォニエッタオランダ語版芸術監督に就任し、カラムーア国際音楽祭の芸術顧問および首席客演指揮者も務めている。コロラド交響楽団にも3年のあいだ首席客演指揮者に迎えられた。このほかに、シカゴ交響楽団サンフランシスコ交響楽団デトロイト交響楽団セントルイス交響楽団ベルリン交響楽団フィラデルフィア管弦楽団ザールブリュッケン放送交響楽団バーミンガム市交響楽団チューリヒ・トーンハレ管弦楽団に客演しており、フィラデルフィア管弦楽団の「アブゾリュートリー・モーツァルト」夏の音楽祭でも指揮した。

2003年1月にトロント交響楽団音楽監督に任命され、2004年に就任した。同楽団は、ウンジャンが赴任するまで財政上の困難を抱えていたが、ウンジャンの就任後の貢献によって経済状況が改善された[3]2005年のカナダのドキュメンタリー映画『9月の5日間、オーケストラの再生』(Five Days in September: The Rebirth of an Orchestra)は、ウンジャンを新しい監督に迎えた最初のシーズンの記録である。2007年2月に、トロント交響楽団との契約は2012年まで延長された[4][5]。また、デトロイト交響楽団の首席客演指揮者と芸術顧問に指名され、2006年9月より発効となった[6]

ナディーヌ夫人との間に2子を儲ける。

イギリスの喜劇俳優エリック・アイドルは母方の従兄弟である。アイドルとジョン・デュプレの合作による、モンティ・パイソン映画『ライフ・オブ・ブライアン』に基づくコミック・オラトリオノット・ザ・メサイア》をトロント・ルミナートにおいて初演した[7] [8]

[編集]

先代:
レフ・マルキス
アムステルダム・シンフォニエッタオランダ語版
芸術監督
1998年 - 2003年
次代:
キャンディーダ・トンプソン
先代:
ネーメ・ヤルヴィ
デトロイト交響楽団
芸術顧問
2006年 - 2008年
次代:
レナード・スラットキン