オーケストラの少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オーケストラの少女
One Hundred Men and a Girl
監督 ヘンリー・コスター
脚本 ブルース・マニング
チャールズ・ケニヨン
ハンス・クレイリー
製作 ジョー・パスターナク
出演者 ディアナ・ダービン
アドルフ・マンジュー
レオポルド・ストコフスキー
アリス・ブラディ
ユージン・パレット
ミシャ・オウア
音楽 チャールズ・プレヴィン
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1937年9月5日
日本の旗 1937年12月23日
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

オーケストラの少女』(オーケストラのしょうじょ、原題:One Hundred Men and a Girl)は、1937年ユニバーサル・スタジオが製作したアメリカ映画

概要[編集]

名指揮者レオポルド・ストコフスキーと実在のオーケストラであるフィラデルフィア管弦楽団が出演したことで知られる音楽映画である。1937年アカデミー作曲賞を受賞している[1]

あらすじ[編集]

ジョンは楽団のトロンボーン奏者だったが、仕事にあぶれており、レオポルド・ストコフスキーの楽団の面接に落ちたばかりだった。娘のパッツィーには事実と逆のことを教えたが、パッツィーに事実を知られた上、彼が落ちていたバッグに入っていた現金で借金を返していたことも知られてしまった。たえられなくなったパッツィーは、バッグの持ち主であったフロスト夫人に事情を話した。すると、フロスト夫人は許してくれた上に、失業した楽団員たちのスポンサーになることを了解したかに見えた。

かくして、パッツィー達は「失業音楽家楽団」を結成して練習を開始するが、フロスト夫人にとってパッツィーとの約束は一時の気まぐれであり、夫人はそんなことはすっかり忘れて旅行に出てしまう。パッツィーは夫人の夫である実業家フロスト氏に掛け合うが、フロスト氏はそんな道楽に金は出せないと一蹴。有名指揮者が指揮するならば、というフロスト氏の言葉にすがって、パッツィーはストコフスキーに指揮を頼む。ストコフスキーはパッツィーの声楽の才能には感心したものの、失業音楽家楽団の指揮については多忙を理由に断る。

窮地に陥ったパッツィーと、絶望して無気力状態となってしまった楽員たち。パッツィーは起死回生を求め、ストコフスキーの自宅に忍び込む。またまたの闖入に怒り呆れるストコフスキー。しかし、パッツィーに促されて自宅のホールに出た彼が見たものは、彼女が組織した失業音楽家楽団とその演奏であった・・・・

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹き替え(日本テレビ放送)

DVD[編集]

現在、ユニバーサル映画から正規版DVD発売中。

日本においては著作権の保護期間が終了しており、廉価版のDVDも発売されている。

備考[編集]

  • 作曲家の芥川也寸志は、小学校6年の時、この映画を6回観た[2]
  • 指揮者岩城宏之は、高校2年の時この作品を観て感動したことから音楽家を志すようになったという。ただし、1979年頃にテレビで本作品を再び観た時は「実に、なんともやりきれないくらいの、ひどい映画」「ストコフスキーさんのPR用のキワモノ映画」「ぼくの耳が幼すぎたのだ」と失望の念を吐露している[3]
  • 音楽評論家の志鳥栄八郎は、旧制中学の頃、乏しい小遣いをやりくりしてこの映画を何度も観た[4]。同級の大滝秀治もこの映画に影響された一人であり、ピアノが弾けないにもかかわらず学校の音楽室で「これからリストの『ハンガリー狂詩曲』を弾く」と宣言し、志鳥の前で出鱈目にピアノの鍵盤を叩いてみせたことがある[4]
  • 黒柳徹子が生まれて初めて観たのはこの映画であった[5]。黒柳家は「子供には子供用の映画しか観せない」という教育方針だったが、父がヴァイオリニストだったため、この映画は特別に観ることを許された[5]淀川長治は黒柳に「あなたはいい映画をご覧になりましたね」と言っている[5]

脚注[編集]

  1. ^ The 10th Academy Awards (1938) Nominees and Winners”. oscars.org. 2011年8月9日閲覧。
  2. ^ 芥川也寸志 (1990). 芥川也寸志 その芸術と行動. 東京新聞出版局. p. 42. 
  3. ^ 岩城宏之 (1983). 楽譜の風景. 岩波新書. p. 5-6. 
  4. ^ a b 志鳥栄八郎 (2002). 志鳥栄八郎自伝 嵐が奏でる. クラシック音楽興隆会. p. 98. 
  5. ^ a b c 『徹子と淀川おじさん人生おもしろ談義』36-40頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]