パレオエクスプレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パレオエクスプレス
パレオエクスプレス(C58 363牽引)
パレオエクスプレス(C58 363牽引)
概要
日本の旗 日本
種類 急行列車
現況 運行中
地域 埼玉県
運行開始 1988年昭和63年)3月15日
運営者 秩父鉄道
路線
起点 熊谷駅
終点 三峰口駅
営業距離 56.8 km (35.3 mi
運行間隔 1往復
使用路線 秩父本線
車内サービス
クラス 普通車
座席 普通車指定席:1号車(下り)・4号車(上り)
普通車自由席:2 - 4号車(下り)・1 - 3号車(上り)
技術
車両 12系客車C58 363
広瀬川原車両基地
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500 V(補助・代替機関車)
備考
臨時列車扱い
テンプレートを表示

パレオエクスプレス (PALEO EXPRESS) は、秩父鉄道秩父本線(秩父線)熊谷駅 - 三峰口駅間にて1988年昭和63年)3月15日より運行している、蒸気機関車 (SL) 牽引による臨時列車である。

時期(イベントなど)によって、「SLさくら号」「SL熊谷うちわ祭」「SL秩父夜祭」などの別称がつく日があるが、運行形態などに違いはない。イベント時には、特別ヘッドマークを付け運行する。

運行概況[編集]

パレオエクスプレスの客車として走る12系

使用車両[編集]

編成[編集]

ここでは自由席車両をと表記する。

  • 下り熊谷発三峰口行き5001列車
←三峰口          熊谷→
SL 1
2
3
4


  • 上り三峰口発熊谷行き5002列車
←三峰口          熊谷→
1
2
3
4
SL

車両番号は以下のとおり。

  • 1号車 - スハフ12 102(元スハフ12 152)
  • 2号車 - オハ12 112(元オハ12 32)
  • 3号車 - オハ12 111(元オハ12 34)
  • 4号車 - スハフ12 101(元スハフ12 149)

停車駅[編集]

熊谷駅 - 武川駅 - 寄居駅 - 長瀞駅 - 皆野駅 - 秩父駅 - 御花畑駅 - 三峰口駅

  • 急行「秩父路」の停車駅である野上駅影森駅は通過する。
  • 観光に適した時期やイベント開催時には、このほかの駅に臨時停車を行うことがある。
  • 三峰口駅には転車台があり、機回しを見ることができる。
  • 熊谷駅には転車台がないため、広瀬川原車両基地 - 熊谷間の回送はELが牽引する。
西武秩父駅乗り入れ臨時列車

西武秩父駅 → 三峰口駅/三峰口駅 → (御花畑駅) → 秩父駅( → 皆野駅 → 長瀞駅)

(復路では西武秩父駅には乗り入れない。秩父本線内の停車駅は運行日によって異なる)

復路の停車駅 ☆ - 三峰口 → 秩父 → 長瀞、○ - 三峰口 → 秩父 → 皆野 → 長瀞、△ - 三峰口 → 秩父、(マークなし) - 三峰口 → 御花畑 → 秩父 → 長瀞

運行日[編集]

SL秩父夜祭号

毎年、概ね3月中旬から12月初旬の期間に運行され、冬季は運休となる(ただし、蝋梅のシーズンのようにEL牽引で運行することもある。その場合、運行区間がSL牽引のときとは異なる)。なお、2013(平成25)年度は初めて冬季にも運行された。土日祝日の運行が中心であるが、学校の長期休暇中や埼玉県民の日11月14日)、秩父夜祭開催日(12月3日)などで平日に運行されることもある。なお、平日運行の場合、休日運行と若干異なるダイヤとなる。

名称の由来[編集]

1300万年前に絶滅した海獣パレオパラドキシア秩父地方に生息していたことにちなみ、その頭の「パレオ」に「エクスプレス(急行)」を組合わせた造語である[1]。なお、運行開始当初は炭水車の側面に、このパレオパラドキシアの姿をデザインした金色のエンブレムが描かれていた。

マスコットキャラクター[編集]

パレオくん[編集]

パレオくんは、2001年(平成13年)5月26日に初登場したが、それはハイキングのチラシであり当列車関連ではなかった。2005年(平成17年)からは着ぐるみも登場。それ以降は、年初めの出発式やわくわく鉄道フェスタなど各所に登場するようになる。

パレナちゃん[編集]

パレオくんの女の子版のパレナちゃんが、2008年(平成20年)に初登場した。 なお、名前は広瀬川原車両基地で開催された、わくわく鉄道フェスタ2008で公募によって決定した。

乗車整理券[編集]

乗車には乗車券のほか、「SL整理券」(510円)が必要。SLの不調や貸出などにより、ELによる代理牽引運転になった場合、乗車券のみで乗車できるため、これらは払い戻しとなる。

  • かつては指定席を連結し、「SL座席指定券」(720円)はJR東日本(みどりの窓口およびびゅうプラザ)でのみ取扱っていたが、JR東日本での取扱が停止され、自由席のみの扱いとなったため、販売を終了した。
  • SL整理券は電話とWEBでの予約販売のほか、パレオエクスプレスの各停車駅・大手旅行代理店3社の各窓口でも発売している。
  • 西武秩父駅乗り入れ臨時運転日は、復路を含め全て西武鉄道側のみで発売され、通常の場所では一切取り扱わない。
    2017年5月27日運行分は西武秩父駅乗り入れ臨時運転にもかかわらず、JR東日本が誤って発売するトラブルが発生した。これはJR東日本側のシステムへの運転日登録のミスによるもの[2]

沿革[編集]

備考[編集]

  • 運行開始当初は、急勾配に備えてELを補助機関車(補機)として最後尾に連結して運行していた。しかし、のちにSL単機での牽引が可能であると判明してからは、回送時、SL不調時および長期検査時、イベントによる重連運転などを除いて使用しなくなった。
  • 沿線観光案内アナウンスは、秩父市出身の落語家・林家たい平が担当している。EL牽引時は別のバージョン(SLをELに入れ替えたもの)が使用される。
  • 車内販売も行っており、SL弁当(800円)、お土産品、秩父鉄道オリジナルグッズ、飲み物類を販売している。
  • パレオエクスプレス乗車時にもらえる乗車記念証の裏面には、客車1号車と2号車の間に設置されているスタンプ台で、乗車記念スタンプを押せるスペースがある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]