パレオパラドキシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パレオパラドキシア
パレオパラドキシア梁川標本
パレオパラドキシアの梁川標本(レプリカ)
福島県立博物館収蔵
地質時代
中新世前期 - 中新世後期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
上目 : アフリカ獣上目 Afrotheria
: 束柱目 Desmostylia
: パレオパラドキシア科 Paleoparadoxiidae
: パレオパラドキシア Paleoparadoxia
学名
Paleoparadoxia
Tokunaga, 1939
  • P. tabatai Tokunaga, 1939 (模式種
  • P. repenningi Domning and Barnes, 2007

パレオパラドキシアPaleoparadoxia)は、約1,300万年前に絶滅した束柱目哺乳類。学名の由来は「古代の不思議なもの(→paradox,難問,矛盾)」の意。 西日本から北米、メキシコまでの太平洋沿岸に生息していた。

特徴[編集]

体長は1.5-2.0mほどで、現在のカバあるいはセイウチに似た姿であったと思われる。海浜でカバのように水辺を歩いたり、水中に潜ったりする生活をしていたと考えられている。基本的に草食動物で、深く潜ることはできなかったと推測される。束柱目の特徴である円柱を束ねた様な形態の臼歯を持つが、後のデスモスチルスに比べるとエナメル質が薄い。また、その配置も異なっている。また、牙状に突出する切歯も円筒状になっている。

発見[編集]

パレオパラドキシアの骨格。(SLAC)

日本では福島県伊達市梁川町広瀬川河床の梁川層で、1984年(昭和59年)8月21日に発見された梁川標本が有名。ほぼ完全な形で発見されたのは世界で4例目であり、頭骨まで正常な形で発掘されたのは梁川標本以外にはアメリカ合衆国北カリフォルニアのSLAC(Stanford Linear Accelerator Center、スタンフォード大学の物理学研究施設)にあるのみ。

岐阜県土岐市泉町産出のパレオパラドキシア骨格標本。ネオタイプ。(国立科学博物館の展示)

1984年、福島県では旱魃の被害があり、広瀬川も水量が極端に少なくなっていた。そのため、露出した河床で発見となったのである。当時の横浜国立大学長谷川善和教授(古生物学、現在は群馬県立自然史博物館名誉館長)、福島大学鈴木敬治教授(地質学)らが研究に当たった。現在は福島県会津若松市福島県立博物館に収蔵されている。

他に日本では岐阜県土岐市(幼獣全身骨格1950年)、埼玉県秩父市群馬県安中市岡山県津山市(1982年)でも化石が発掘されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 沼野忠之 「津山地方に珍獣パレオパラドキシアがいたころ」『自然への想い 岡山 - 昔を探り、今を見つめて』 倉敷の自然をまもる会編、山陽新聞社、1993年、40-45頁、ISBN 4-88197-458-0
  • 富田幸光 文、伊藤丙雄、岡本泰子イラスト 『絶滅哺乳類図鑑』 丸善、2002年、ISBN 4-621-04943-7

外部リンク[編集]