デスモスチルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デスモスチルス
復元図
デスモスチルス復元想像図
地質時代
中新世
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
下綱 : 真獣下綱 Eutheria
上目 : アフリカ獣上目 Afrotheria
: 束柱目 Desmostylia
: デスモスチルス科 Desmostylidae
: デスモスチルス Desmostylus
学名
Desmostylus

デスモスチルスDesmostylus)は、中新世中期から後期にかけて生息した半海棲の哺乳類束柱目デスモスチルス科

特徴[編集]

世界で最初に発見されたデスモスチルス(D. japonicus)の頭骨の化石。ホロタイプ岐阜県瑞浪市産出。日本で初めて絶滅哺乳類の新種として記載された標本(国立科学博物館の展示)[2]

その歯の特徴から、ギリシア語で「束ねられた[3][4]」 を意味する学名が与えられた。束柱目の名もここからきている。かつては束歯獣(たばはじゅう)とも呼ばれた。の名の元となった生物であるが、進化過程としては最後期に現れたである。

デスモスチルス・ヘスペルス(D. hesperus)の復元図。

体長約1.80m、体重は約200kgと推定される。ずんぐりとした体躯と頑丈な四肢を持っており、頭部はやや細長く、上部に鼻孔が並ぶ。その姿はカバに似るが、同様に半水棲であったと考えられる。ただし、四肢はやや外に張り出している上、前腕の尺骨橈骨が癒合して前肢端の向きを変える事が出来ないなど、陸上での動きは鈍重であったと思われる。

は上顎切歯の一対、下顎犬歯状に飛び出している。また頬歯は、象牙質の芯をエナメル質が取り巻いた円柱が幾つも束になった独特の形状をしている(上記の学名の由来)。この歯はゾウ海牛類と同様水平交換方式であった。

主に海岸や浅海で暮らす、半水棲動物と思われている。2013年4月3日のプロスワンにて、大阪市立自然史博物館のチームが束柱類数属の骨密度を計測、デスモスチルスの骨の密度が低くスポンジ構造が著しいことを突き止め、束柱類はより海に適応した動物群で、特にデスモスチルスは(骨密度の高い)近縁種のパレオパラドキシア(Paleoparadoxia)等よりも遊泳生活に適応した生活をしていたとの説を発表している[5]

分布[編集]

日本から北アメリカ大陸西岸までの太平洋沿岸に生息していた。当初は歯の化石のみであったが、岐阜県瑞浪市で最初の頭骨化石が発見され、後に樺太から全身骨格が発見されている。 また祖先と考えられているアショロア英語版が1976年足寄郡足寄町で見つかった

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大森昌衛 (2007). “地学者列伝 徳永重康 -動物学科に籍を置き地質学を専攻した異彩の研究者-”. 地球科學 61: 73-75. ISSN 0366-6611. NAID 110006163709. 
  2. ^ 国立科学博物館 デスモスチルス
  3. ^ δεσμός(desmos)→束ねられた
  4. ^ στῦλος(stulos)→柱
  5. ^ Hayashi S, Houssaye A, Nakajima Y, Chiba K, Ando T, et al. (2013). “Article Source:Bone Inner Structure Suggests Increasing Aquatic Adaptations in Desmostylia (Mammalia, Afrotheria)”. PLoS ONE 8 (4): e59146. doi:10.1371/journal.pone.0059146. 

外部リンク[編集]

参考文献[編集]