沼野忠之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沼野 忠之(ぬまの ただゆき、1931年 - 2001年)は、日本の地球科学者教育者。専門は地球化学鉱物学理学博士広島大学)。

岡山県生まれ。1954年岡山大学教育学部中等四年課程卒業。公立中学校、岡山県教育研修所勤務の後、1959年、岡山大学教育学部助手(化学)。その後、講師(物理学)、助教授(理科教育-地学)を経て、教授(地学)。1979年 9月 広島大学 理学博士 「広島県東城町久代におけるゲーレン石、スパー石スカルンの地質学的および地球化学的研究 」。

1987年から3年間、附属中学校長を併任。1997年、定年退官、名誉教授。

2005年、岡山県高梁市で発見された新鉱物が、沼野石(numanoite)と命名された。

主な著書[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Masayuki Ohnishi, Isao Kusachi, Shoichi Kobayashi, Junji Yamakawa, Mitsuo Tanabe, Shigetomo Kishi and Takashi Yasuda, "Numanoite, Ca4CuB4O6(OH)6(CO3)2, a new mineral species, the Cu analogue of borcarite from the Fuka mine, Okayama Prefecture, Japan", The Canadian Mineralogist, Vol. 45, No. 2, pp. 307-315, 2007. Abstract

外部リンク[編集]