ジェローム・ダンブロシオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェローム・ダンブロシオ
Jerome D'Ambrosio (cropped).jpg
メルボルンでのダンブロシオ (2012年3月)
基本情報
略称表記 DAM
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
出身地 同・エテルベーク
生年月日 1985年12月27日(30歳)
F1での経歴
活動時期 2011-2012
過去の所属チーム '11 ヴァージン
'12 ロータス
出走回数 20
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2011年オーストラリアGP
最終戦 2012年イタリアGP
テンプレートを表示

ジェローム・ダンブロシオJérôme d'Ambrosio, 1985年12月27日 - )は、ベルギーブリュッセル首都圏地域エテルベーク出身のレーシングドライバー。フジテレビF1中継など一部のメディアではダンブロジオとも表記されている。また、ラストネームだけを読むならばアンブロシオとなる("d'"はミドルネーム)。

経歴[編集]

金曜フリー走行でヴァージンVR-01を駆るダンブロシオ
(※:2010年日本GPにて)

1995年にレーシングカートを始め、モータースポーツの世界に入った。1996年にはミニクラス、2000年にジュニアクラス、2002年フォーミュラAクラスでそれぞれベルギーチャンピオンとなった。

2007年はインターナショナル・フォーミュラ・マスターに参戦。5勝を上げシリーズチャンピオンに輝いた。

2008年2009年DAMSよりGP2GP2アジアシリーズに参戦していた。チームメイトは小林可夢偉2008年-2009年シーズンのGP2アジアシリーズでは小林に次ぐシリーズランキング2位の成績を残した。また、GP2では2008年にランキング11位、2009年に9位といずれも小林を上回る成績を残した。

2010年も引き続きDAMSよりGP2に参戦。リバースグリッドによりポールポジションからスタートした第4戦のモナコグランプリ第2レースで、GP2での初優勝を達成した。

F1における経歴[編集]

2010年ルノーのリザーブドライバーとして契約する[1]。ルノーのチーム代表エリック・ブーリエは、ダンブロシオのマネジメントを行うグラビティスポーツマネジメント社の代表でもある。シンガポールグランプリからブラジルグランプリの間の3戦ではヴァージンより金曜フリー走行1回目に出走した。最終戦アブダビグランプリ後の若手ドライバーテストではヴァージンとルノーのそれぞれで1日ずつ走行する機会を得た。

2011年はヴァージンにスポンサーを持ち込み、セカンドドライバーとして参戦。開幕戦オーストラリアグランプリの予選では、107%ルールをギリギリでクリアして22番手から出走し、決勝は4周遅れながらも14位で完走を果たした。第2戦マレーシアグランプリではリタイアを喫したものの、続く第3戦中国グランプリでは、予選でチームメイトのティモ・グロックを上回る21番手からスタート。決勝も20位で同じくグロックよりも前で完走した。第5戦スペイングランプリ前には持ち込んだスポンサーの支払いが滞り、シート喪失の可能性があったが、マネジメントを行うグラビティスポーツマネジメントが代金を肩代わりし、この後シーズン終了までシートを脅かされることはなくなった。予選ではチームメイトのグロックに対して4勝15敗と差を付けられるも、決勝ではグロックと遜色ない速さを見せ、ランキングはグロックを上回る24位であった。しかし翌年のシートを確保する資金が足りず、この年限りでヴァージンのシートを失う事になった。

2012年はレギュラーシートを獲得することが出来なかったため、ロータスとサードドライバー契約を結んだ[2]。ロータスは2010年にリザーブドライバーだったルノーが元になったチームであり復帰する形となる。第12戦ベルギーグランプリで、レギュラードライバーのロマン・グロージャンがスタート直後の複数台が絡むクラッシュの原因となり、次戦イタリアグランプリの出場停止処分を受けたため[3]、代役としてイタリアグランプリに出場することになった[4]。結果は予選16位(パストール・マルドナドのグリッド降格により決勝は15番手からスタート)、決勝はKERSの故障もあり13位となった。

2013年はロータスとリザーブドライバーとして契約した。

F1以降[編集]

2014年はF1から離れ、イギリスで開催されているベントレー・コンチネンタルGTによるレースに参戦。その後同年9月より新たに開催されたフォーミュラEにおいてドラゴン・レーシング・フォーミュラEチームより参戦している[5]

レース戦績[編集]

F1[編集]

チーム  シャシー  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 WDC ポイント
2010年 ヴァージン VR-01 BHR AUS MAL CHN ESP MON TUR CAN EUR GBR GER HUN BEL ITA SIN
TD
JPN
TD
KOR
TD
BRA
TD
ABU - -
2011年 MVR-02 AUS
14
MAL
Ret
CHN
20
TUR
20
ESP
23
MON
15
CAN
14
EUR
22
GBR
17
GER
18
HUN
19
BEL
17
ITA
Ret
SIN
18
JPN
21
KOR
20
IND
16
ABU
Ret
BRA
19
24位 0
2012年 ロータス E20 AUS MAL CHN BHR ESP MON CAN EUR GBR GER HUN BEL ITA
13
SIN JPN KOR IND ABU USA BRA 23位 0

(key)

フォーミュラE[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2014年-2015年 ドラゴン・レーシング スパーク-ルノー・SRT 01E BEI
6
PUT
5
PDE
8
BNA
14
MIA
4
LBH
6
MON
5
BER
1
MOS
11
LON
2
LON
2
4位 113
2015年-2016年 スパーク-ヴェンチュリー・VM200-FE-01 BEI
5
PUT
14
PDE
3
BNA
16
MEX
1
LBH
7+
PAR
11
BER
LON
LON
4位* 64*
  •  : リタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。
  • + : ファンブースト。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

エピソード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]