エライオソーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エライオソーム (Elaiosome) は、スミレカタクリなどの植物種子に付着している、やわらかい付着物で、種子をアリに運んでもらうために進化したもの。脂肪酸アミノ酸からなる化学物質を含んでいる。 この物質に誘引されたアリはエサとして種子をに持ち帰り、エライオソームのみを食べ、種子は巣の近くに捨てられる。 これによって種子は広く遠くに運ばれるのである。