エライオソーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エライオソーム (Elaiosome) は、種枕ともいい、スミレカタクリケシ科植物ケナシチャンパギククサノオウタケニグサなど)の種子に付随している、柔軟な付属物で、種子をに運ばせる為に進化したものである。成分として脂肪酸アミノ酸などの化学物質が含まれる。

この物質の成分に誘引された蟻はエサとして種子をに持ち帰り、エライオソーム部分のみを食し、種子は巣の近くに廃棄される。

この事象により、自らは動けない植物の種子は、広く広大な地迄、遠くへ運ばれて播種がなされ、遠隔地での繁殖が可能となるのである。