キランソウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キランソウ属
Ajuga decumbens
キランソウ Ajuga decumbens
東京都町田市、2006年4月29日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類I Euasterids I
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
亜科 : キランソウ亜科 Ajugoideae
: キランソウ属 Ajuga
学名
Ajuga
L.
和名
キランソウ属(金瘡小草属)
英名
bugle

キランソウ属(キランソウぞく、学名: Ajuga)は、シソ科の一つ。園芸方面では学名のアジュガで呼ばれることも多い。但し、アジュガをセイヨウジュウニヒトエの意味で用いることもある[1]

特徴[編集]

多年草のものが多く、立ち上がるものもあるが、匍匐茎を出すものが多い。葉は対生で単葉だが切れ込みが入るものもある。茎の節ごとに葉がつき、花の基部では縮小して包葉となる場合もある。

花は腋生で、ごく短い花柄を介して葉または包葉の基部から生じ、茎に沿って離ればなれにつく場合も、密に集まって明瞭な花穂を作る場合もある。萼は釣り鐘状になり多くの脈を持ち、先端は5裂。

花は唇形花で、はっきりした筒を持ち、先端は上下に分かれる。上唇はごく短くて二つに裂ける。下唇は平らに大きく発達して三裂するが、特に中央の裂片が大きく、その先端はさらに二裂することがある。

雄蘂は4本あり、花冠の上唇に沿って斜めに伸び、先端には二室からなる葯を付ける。

分布[編集]

世界中の熱帯 - 温帯地域に約50が分布する。

人間との関わり[編集]

大きくはないが、紫系の鮮やかな花をつけるものもあり、園芸用に利用される。用とされるものもある。

下位分類[編集]

日本には12種ほどが知られ、特にキランソウはごく普通な野草として知られる。

シマカコソウ Ajuga boninsimae
キランソウ Ajuga decumbens
北海道から九州に普通。ロゼット状に育って青紫色のを咲かせる。薬草としても知られ、別名をジゴクノカマノフタという。
オニキランソウ Ajuga dictyocarpa
ヒイラギソウ Ajuga incisa
オウギカズラ Ajuga japonica
本州、四国、九州に分布。根元から走出葉を出して増える。葉が扇の形に似る。
タチキランソウ Ajuga makinoi
ルリカコソウ Ajuga multiflora
ジュウニヒトエ Ajuga nipponensis
ジュウニヒトエ
キランソウに似るが、は立ち上がり、花は状、うすい紫。分布:本州、四国
ヒメキランソウ Ajuga pygmaea
ツルカコソウ Ajuga shikotanensis
ヤエヤマキランソウ Ajuga taiwanensis
キランニシキゴロモ Ajuga x bastarda
ジュウニキランソウ Ajuga x mixta
ジュウニヒトエとキランソウの雑種
ニシキゴロモ Ajuga yesoensis

以下の種は栽培種だが、逸出して野生状になっている場合もある。

セイヨウジュウニヒトエ Ajuga reptans
ヨーロッパ原産。花壇に植えられているキランソウ、ジュウニヒトエといわれているものは、ほとんどは本種である。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 亀田龍吉、有沢重雄 『花と葉で見わける野草』 近田文弘監修、小学館2010年、72頁。ISBN 978-4-09-208303-5

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真 「キランソウ属 Ajuga」『野に咲く花』 林弥栄監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、1989年、171頁。ISBN 4-635-07001-8
  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本II 離弁花類』,(1982),平凡社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]