コミカンソウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コミカンソウ科
Starr 031108-2075 Bischofia javanica.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類I Eurosids I
: キントラノオ目 Malpighiales
: コミカンソウ科 Pyllanthaceae
学名
Pyllanthaceae Martinov (1820)
和名
コミカンソウ科
  • 本文参照

コミカンソウ科(コミカンソウか、学名Pyllanthaceae)は、APG植物分類体系における被子植物の科。従来の分類ではトウダイグサ科コミカンソウ亜科とされることが多い。APG分類体系ではここからツゲモドキ連(これはツゲモドキ科として独立した)などを除いて、コミカンソウ科としている。56属1700種ほどで、熱帯亜熱帯を中心に分布する木本または草本。日本では一年草のコミカンソウが本州中部以南によく見られるほか、暖帯から亜熱帯地域に十数種が分布する。葉は単葉であるが、マメ科に似た就眠運動をするものもある。

主な属[編集]