イグサ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イグサ科
イグサのドイツ産基本変種
イグサのドイツ産基本変種
Juncus effusus
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Magnoliophyta
: イグサ目 Juncales
: イグサ科 Juncaceae
学名
Juncaceae
Juss. (1789)

本文参照

イグサ科 (Juncaceae) は、単子葉植物に属する植物のである。外見はイネ科に似ているが、小穂は作らない。

特徴[編集]

イグサ科は、風媒花へと進化した植物で、そのためは地味で目立たず、全体の姿はイネ科カヤツリグサ科に似ている。しかし、花は一つずつが独立していて、小穂のようなものを作らない。よく見れば、地味ながらも六枚の花びらに当たるものがあり、多くのものでは雄しべと雌しべがそろっている。最も有名なイグサ(イ、トウシンソウ)は、湿地性で葉がなく、茎だけが多数伸び、ヤマアラシを頭から泥に突っ込んだような姿のような株立ちになる。茎の先端に花を房のようにつけるが、花序のすぐ下につく苞が、茎の延長のような形になっており、見かけ上は茎の途中から横向きに花序が出たように見える。実際には、イネ科のような葉があって、茎を伸ばしてその先端に花をつける形のものが多い。

最も身近なものはイグサ属のイグサである。表などに使うため、水田で栽培される。

代表的な種[編集]

Juncaceae イグサ科

外部リンク[編集]