ブルニア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ブルニア科
Berzelia lanuginosa 2.jpg
Berzelia lanuginosa
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: ブルニア目 Bruniales
: ブルニア科 Bruniaceae
学名
Bruniaceae R.Br. ex DC.[1]
タイプ属
Brunia Lam. [2]

本文参照

ブルニア科(学名 : Bruniaceae)は、南アフリカ共和国の岬の地域に自生する低木の植物である。主にケープ州(現 西ケープ州東ケープ州北ケープ州北西州)に限られてきたが、クワズール・ナタール州にも少数の種類が生育している[3]

APG IIでは、シソ目に配置されたが[4]、2008 年の研究で、ブルニア科は、コルメリア科と姉妹群であるとされ[5]被子植物系統ウェブサイト英語版では、その両科をブルニア目に配置することを提案している[3]

[編集]

合計12属75種存在する。

  • Audouinia Brongn.
  • Berzelia Brongn.
  • Brunia Lam.
  • Linconia L.
  • Lonchostoma Wikstr.
  • Mniothamnea (Oliv.) Nied.
  • Nebelia Neck. ex Sweet
  • Pseudobaeckea Nied.
  • Raspalia Brongn.
  • Staavia Dahl
  • Thamnea Sol. ex Brongn.
  • Tittmannia Brongn.

脚注[編集]

  1. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2009). “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG III” (PDF). Botanical Journal of the Linnean Society 161 (2): 105–121. doi:10.1111/j.1095-8339.2009.00996.x. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1046/j.1095-8339.2003.t01-1-00158.x/pdf 2014年10月12日閲覧。. 
  2. ^ Bruniaceae R. Br. ex DC. Tropicos
  3. ^ a b Angiosperm Phylogeny Website
  4. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2003). “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG II”. Botanical Journal of the Linnean Society 141 (4): 399–436. doi:10.1046/j.1095-8339.2003.t01-1-00158.x. 
  5. ^ Winkworth, Richard C.; Lundberg, Johannes; Donoghue, Michael J. (2008). “Toward a resolution of Campanulid phylogeny, with special reference to the placement of Dipsacales”. Taxon 57 (1): 53–65.