クロモジ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クロモジ属
Lindera umbellata
クロモジ Lindera umbellata
三重県尾鷲市2006年4月)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : モクレン類 Magnoliids
: クスノキ目 Laurales
: クスノキ科 Lauraceae
: クロモジ属 Lindera
学名
Lindera
Thunb. (1783)
和名
クロモジ属
英名
spicebush

本文参照

クロモジ属(クロモジぞく、学名: Lindera)は、クスノキ科の一である。落葉もしくは常緑高木または低木

分布・生育地[編集]

アジアを中心に、温帯から亜熱帯まで100ほどが知られている。日本には10種ほどが知られているが、クロモジケクロモジ変異が大きく、しばしば同定には困難を伴う。

利用[編集]

クロモジ属には芳香性の成分を持つものが多く、クロモジからはクロモジ油が、テンダイウヤクからは天台鳥薬(てんだいうやく)が採れ、共に漢方薬として利用される。

主な種[編集]

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔ほか編 『日本の野生植物 木本 1』 平凡社、1989年。ISBN 4-582-53504-6
  • 茂木透写真 「クロモジ属 Lindera」『樹に咲く花 離弁花1』 高橋秀男・勝山輝男監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2000年、414-437頁。ISBN 4-635-07003-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]