ホルトノキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホルトノキ科
Crinodendron hookerianum1.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: カタバミ目 Oxalidales
: ホルトノキ科 Elaeocarpaceae
学名
Elaeocarpaceae Juss. (1816)

ホルトノキ科 (Elaeocarpaceae) はカタバミ目の一つ。主として熱帯亜熱帯に分布する常緑樹である。日本にはホルトノキ(本州南部から東南アジアまで分布)など、ホルトノキ属の4種が自生する。利用価値は少ないが、庭園樹(ホルトノキなど)あるいは花の観賞用に栽培されるものもある。

クロンキスト体系ではアオイ目に含められていた。

ホルトノキ

分類[編集]

12属に約600種が属する[1][2]

系統[編集]

以下のような系統樹が得られている[2]


Sloaneae

Sloanea




Vallea



Aristotelia




Elaeocarpeae


Peripentadenia



Crinodendron





Dubouzetia



Tremands

Tremandra




Platytheca



Tetratheca






Sericolea



ホルトノキ属Aceratium 属を含む)







脚注[編集]

  1. ^ Elaeocarpaceae in Stevens, P. F. (2001 onwards). Angiosperm Phylogeny Website Version 7, May 2006 [and more or less continuously updated since]
  2. ^ a b Crayn, Darren M., Maurizio Rossetto, and David J. Maynard. (2006). "Molecular phylogeny and dating reveals an Oligo-Miocene radiation of dry-adapted shrubs (former Tremandraceae) from rainforest tree progenitors (Elaeocarpaceae) in Australia". American Journal of Botany 93 (9): 1328–1342. doi:10.3732/ajb.93.9.1328. 

外部リンク[編集]