ホルトノキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホルトノキ科
Crinodendron hookeranum
Crinodendron hookeranum
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: アオイ目 Malvales
: ホルトノキ科 Elaeocarpaceae
学名
Elaeocarpaceae
Juss. (1816)
ホルトノキ

ホルトノキ科 (Elaeaocarpaceae) は被子植物で、主として熱帯亜熱帯に分布する常緑樹、12600ほどを含む。日本にはホルトノキ(本州南部から東南アジアまで分布)など、ホルトノキ属の4種が自生する。利用価値は少ないが、庭園樹(ホルトノキなど)あるいは花の観賞用に栽培されるものもある。

分類[編集]

[編集]

Aceratium, Aristotelia, Crinodendron, Dubouzetia, Elaeocarpus, Peripentadenia, Sericolea, Sloanea, Valea

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系ではカタバミ科と系統関係が近いとしてカタバミ目に入れる。

被子植物 Magnoliophyta
真正双子葉類 eudicots
コア真正双子葉類 core eudicots
バラ類 rosids
真正バラ類I eurosid I
カタバミ目 Oxalidales
ホルトノキ科 Elaeocarpaceae

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系ではアオイ目の中の科の一つとする。

被子植物門 Magnoliophyta
双子葉植物綱 Magnolliopsida
ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
アオイ目 Malvales
ホルトノキ科 Elaeocarpaceae

外部リンク[編集]