スベリヒユ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スベリヒユ科
Portulaca grandiflora2.jpg
マツバボタンPortulaca grandiflora
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: スベリヒユ科 Portulacaceae
  • 本文参照

スベリヒユ科(Portulacaceae)は双子葉植物に属する科。熱帯から温帯にかけて広く分布する草本、20属500種ほどからなる。

マツバボタンハナスベリヒユ(ポーチュラカ)を観賞用に栽培する。日本にはスベリヒユオキナワマツバボタンが自生し、ヒメマツバボタンハゼラン等が帰化している。

は多くは対生し、多肉化するものが多い。は両性で放射相称、花被片(花弁様)4-5枚と苞2枚をもつ。果実はさく果。

主な属[編集]

APG植物分類体系第3版(APG III)では、ヌマハコベ科(レウイシア属、ヌマハコベ属等)とハゼラン科(ハゼラン属等)を独立させ、ポーチュラカリア属をディディエレア科に移している。