ディディエレア科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディディエレア科
Alluaudia ascendens
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ディディエレア科 Didiereaceae
学名
Didiereaceae
Drake del Castillo
Didierea madagascariensis

ディディエレア科(Didiereaceae)は4属11種からなる被子植物の小さな科。マダガスカル南部と南西部に固有であり、有刺林の重要な構成種をなす。

記載[編集]

ディディエレア科、またはカナボウノキ科、は刺のある多肉植物で2-20mの低木または高木、肥厚したは水を蓄え、は長い乾期落葉する。 いくつかの種は若いときには特徴的な平伏した形を作る。

すべての種は雌雄異株である(Decariaはfemale dioecious(雌性異株性?))。葉は一部の木の葉サボテンと同様に短枝(サボテンでは刺座とも言う)から作られ、小型で単出または対をなす。円錐形の刺を伴うが、サボテンの刺とは異なり樹皮の一部が突出したものであり、短枝から出るとは限らない。 Decaryaを除き花は単性で放射相称である。

スベリヒユ科に含められることもあるが、APG分類体系ではナデシコ目の中の独立の科、クロンキスト体系でもナデシコ目の独立の科である。APG IIIでは、これまでスベリヒユ科に属すとされたケラリア属Cerariaとポルトゥラカリア属Portulacariaを本科に含める(本科の姉妹群であるツルムラサキ科に入れることもある)。

また、新世界のサボテン科と関連があり、ディディエレア科の種はいくつかのサボテンと接ぎ木できる。

属の検索表[編集]

1 刺は4本ないしそれ以上でまとまる Didierea
1 刺は1本あるいは2本 →2
2 シュートはジグザグで刺は短く円錐形 Decarya
2 シュートはジグザグではなく、刺は長い円錐形から針状 →3
3 分枝の多い低木、葉は披針形 Alluaudiopsis
3 分枝のあまりない低木、葉は卵形から円形または鱗状でawl形 Alluaudia

属と種[編集]

いくつかの種は多肉植物として観賞用に栽培される。

Alluaudia (Drake) Drake 英語版

  • Alluaudia ascendens (Drake) Drake 1903 英語版
  • Alluaudia comosa (Drake) Drake 1903
  • Alluaudia dumosa (Drake) Drake 1903
  • Alluaudia humberdtii Choux 1934
  • Alluaudia montagnacii Rauh 1961 - おそらくA. ascendensA. proceraの自然雑種
  • Alluaudia procera (Drake) Drake 1903 英語版 - 栽培がもっとも容易な種

Alluaudiopsis Humbert & Choux 1934

  • Alluaudiopsis fiherensis Humbert & Choux 1934
  • Alluaudiopsis marnieriana Rauh 1961

Decarya Choux 1929

  • Decarya madagascariensis Choux 1929

Didierea Baillon 1880

  • Didierea madagascariensis Baillon 1880
  • Didierea trollii Capuron & Rauh 1961

Status[編集]

参考文献[編集]

  • Eggli, Urs (Ed.): Sukkulentenlexikon Band 2: Zweikeimblättrige Pflanzen (Dicotyledonen) Eugen Ulmer Verlag, Germany 2002. ISBN 3-8001-3915-4

外部リンク[編集]