ハマウツボ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハマウツボ科
Orobanche minor-02 (xndr).jpg
ヤセウツボ Orobanche minor
分類APG III
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : 真正キク類I euasterids I
: シソ目 Lamiales
: ハマウツボ科 Orobanchaceae
学名
Orobanchaceae
Vent. (1799)
  • 本文参照
Cistanche tubulosa

ハマウツボ科 (Orobanchaceae) は、双子葉植物のひとつ。アジアヨーロッパ温帯地方を中心に分布する。

すべて寄生植物で、葉が退化して鱗状の痕跡になっているものがかなりある。日本にもナンバンギセルハマウツボなど数種が分布している。

分類[編集]

従来の分類(クロンキスト体系等)ではおよそ15180ほど(すべて全寄生)からなるとされていた。以下に属を示す:

新しいAPG植物分類体系では、従来はゴマノハグサ科とされていた次の属(多くは半寄生、一部全寄生)もハマウツボ科に移しており、全体で70属ほどとなっている。