ヤマウツボ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤマウツボ属
Lathraea japonica 6.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: シソ目 Lamiales
: ハマウツボ科 Orobanchaceae
: ヤマウツボ属 Lathraea
学名
Lathraea L.[1]
和名
ヤマウツボ属(山靫属)[2]
  • 本文参照

ヤマウツボ属(ヤマウツボぞく、学名:Lathraea 、和名漢字表記:山靫属)はハマウツボ科の一つ[2][3]

従来の新エングラー体系クロンキスト体系では、ゴマノハグサ目ゴマノハグサ科に含められた[1]

特徴[編集]

葉緑素がない寄生植物ブナ科カバノキ科ヤナギ科などの樹木の根に寄生する。地下茎は地中をはって分枝し、鱗片状で多肉質のに包まれる。地下茎から地上に花茎が直立し、多数のがつき、花茎の基部にやや大型の鱗片葉がつく。短い花柄の基部にがあり、腋に1個の花がつく。は鐘形で4裂し、花冠は筒状で先端は唇形となる。上唇はかぶと状で2裂し、下唇は上唇の半分以下の長さで3裂する。雄蕊は4個あり、下側の2個がやや長い。子房は2室あり、各室に2個の胚珠があり、花柱は1個で細長い。果実は蒴果で萼に包まれた倒卵形になり、中に1-2個ある種子はやや球形で小さい[1]

分布[編集]

ヨーロッパ、アジアに約7種知られる。日本にはヤマウツボが分布する[1]

主な種[編集]

  • Lathraea clandestina L. - ヨーロッパに分布する[4]
  • ヤマウツボ Lathraea japonica Miq. - 日本に分布する[1]
  • Lathraea rhodopea Dingler
  • Lathraea squamaria L. - ヨーロッパ、アジアに分布する[5]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『日本の野生植物 草本III合弁花類』p.115
  2. ^ a b 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.452
  3. ^ 大場『植物分類表』p.212-213
  4. ^ Lathraea clandestina, USDA
  5. ^ Lathraea squamaria, Kew

参考文献[編集]