ナンバンギセル属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナンバンギセル属
Aeginetia sinensis 2.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ゴマノハグサ目 Scrophulariales
: ハマウツボ科 Orobanchaceae
: ナンバンギセル属 Aeginetia
学名
Aeginetia L.
  • 本文参照

ナンバンギセル属(なんばんぎせるぞく、学名:Aeginetia)は、ハマウツボ科の一つ。

特徴[編集]

一年草寄生植物で、イネ科カヤツリグサ科ショウガ科などの単子葉植物寄生する。は極端に短く、ほとんど地上には出ず、数個の鱗片葉がある。地上に出るのは花柄で、上部の鱗片葉の腋から長く伸びる。

花柄の先端に横を向いた大きなを1個つける。は鞘状になり、下側が深く裂ける。花冠は太い筒型で、先端が5浅裂し、唇形となる。雄蕊は4本あり、その先端は花柱を取り巻く。蒴果は卵球状になり、多量の細かい種子がある。

分布[編集]

東アジア熱帯から温帯に分布し、数種知られている。日本では次の2種が知られている。

日本の種[編集]

  • ナンバンギセル Aeginetia indica L.
    • ヒメナンバンギセル Aeginetia indica L. var. sekimotoana (Makino) Makino
  • オオナンバンギセル Aeginetia sinensis G.Beck
    • シロバナオオナンバンギセル Aeginetia sinensis G.Beck f. albiflora K.Asano

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]