サダソウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サダソウ属
Starr 031111-0087 Peperomia tetraphylla.jpg
Peperomia tetraphylla(サダソウ属の一種)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: コショウ目 Piperales
: コショウ科 Piperaceae
: サダソウ属 Piperaceae
学名
Peperomia Ruiz & Pav.
和名
サダソウ属、ペペロミア属
英名
radiator plant

本文参照

サダソウ属(佐田草属、Peperomia)とは、コショウ科の1つで、ペペロミア属ともいう。コショウ属Piper)と近縁で、ペペロミア(Peperomia)とは「コショウに似た」という意味である。

小型の多年生の草本であることが多い。がっしりした茎と多肉質の葉を持つものが多く、着生植物も豊富である。分布は世界の熱帯亜熱帯地域を中心に約1500種が記録されており、その多くが中央アメリカ南アメリカに集中している。日本にはサダソウとその品種であるケナシサダソウが分布している。が多肉的で美しく観葉植物として栽培されるものがある。花序はひも型の穂状で、花は黄色、茶色または緑色で小さく目立たないものが多い。

主な種[編集]

繁殖[編集]

繁殖は株分け、挿し木。葉挿しもできるが、葉緑体の無い細胞からは栄養繁殖ができないため斑入りの品種は斑が消えてしまう。

画像[編集]