葉縁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
全縁から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
葉の形。葉縁は「MARGIN」。

葉縁(ようえん、: leaf margin)は葉身の周縁部を指す[1]。種によりその形状は異なるため、同定に利用される。

以下にその形状に関する用語を示す。

鋸歯[編集]

鋸歯(きょし、: serration, teeth)とはの歯状の葉縁の細かい切れ込みのことである[2]。鋸歯の先端部には水孔を持つことが多い[2]被子植物広葉樹は年平均気温の上昇に伴い全縁の種が多くなるため、気温と鋸歯形成の関係性が指摘される[2]

鋸歯の有無・形状[編集]

とくに註のない和名、英名は清水 (2001)による[3]。ラテン語、特徴は葉の形態の用語(英語版)より。

形状 用語 読み 英語 ラテン語 特徴
Leaf morphology entire.png 全縁
全辺)
ぜんえん entire Forma integra 平坦、滑らかな縁で、鋸歯はない。
Leaf morphology ciliate.png 毛縁 もうえん ciliate ciliata 縁毛がある。
Leaf morphology ciliate.png 長毛縁 ちょうもうえん fimbriate ふさ毛がある。
Leaf morphology sinuate.png 深波状
(湾ある)
しんはじょう sinuate sinuosa 深く、波のような彎入。粗い円鋸歯状。
Leaf morphology undulate.png 波状 はじょう undulate,
repand
undulata 深波状より狭い波のような縁。
Leaf morphology crenate.png 円鋸歯状
鈍鋸歯状[4]
えんきょしじょう
(どんきょしじょう)
crenate,
scalloped
crenata 波のような鋸歯をもつ。円い歯状。
小円鋸歯状
(小鈍鋸歯状)[5]
しょうえんきょしじょう
(しょうどんきょしじょう)
crenulate crenulate 細かい円鋸歯状。
Leaf morphology serrate.png 鋸歯状 きょしじょう serrate,
saw-toothed
serrata 鋸歯の先は葉の先を向き、非対称。
Leaf morphology serrulate.png 細鋸歯状 さいきょしじょう serrulate serrulata 細かい鋸歯状。
Leaf morphology dentate.png 歯状
歯牙縁)
しじょう
(しがえん)
dentate,
toothed
dentata 歯牙をもつ。鋸歯の先は開出し、歯の先を向かない[3]。 大きな歯牙を持つものを coarsely dentateをもつものをglandular dentateと呼ぶこともある
doubly serrate[6]
Leaf morphology denticulate.png 細歯状
細葉牙縁)
さいしじょう denticulate denticulata 細かい歯牙がある。
Leaf morphology doubly serrate.png 重鋸歯
(重鋸歯状[1]
じゅうきょし biserrate,
double serrate,
doubly serrate[6]
duplicato-dentata それぞれの鋸歯に小さな鋸歯がある。
鋭浅裂
欠刻縁)
えいせんれつ
(けっこくえん)
incised 欠刻がある。
Leaf morphology spiny.png spiny,
pungent
spiculata アザミのように堅く尖った先端がある。

切れ込みの深さ[編集]

切れ込みのある葉身

葉身に切れ込みがある場合、切れ込みの深さにより、浅裂(せんれつ、: lobate, lobed)、中裂(ちゅうれつ、: cleft)、深裂(しんれつ、: parted, partite)、全裂(ぜんれつ、: divided, dissected)に分けられる[3][1]。その突出部を裂片(れっぺん、: lobe)とよぶ[1]

切れ込みの深さと形状[編集]

裂片が左右に列をなす場合羽状(うじょう、: pinnate)、放射状に並ぶ場合掌状(しょうじょう、: palmate)という[1]

とくに註のない和名、英名は清水 (2001)による[3]

形状 用語 英語 [4]
Pennatilobé.svg 羽状浅裂 pinnately lobed
羽状中裂 pinnately cleft
羽状深裂 pinnately parted ヨモギブタクサ(2回羽状深裂)
羽状全裂
羽状複葉
pinnately divided,
pinnately compound
ヌルデニワトコ
下向羽裂
逆羽状分裂)
runcinate
Leaf morphology Lyrate.png 頭大羽状 lyrate ダイコンマルバコンロンソウ(ともに頭大羽状複葉)[7]
櫛の歯状 pectinate
Palmatilobé.svg 掌状浅裂 palmately lobed
掌状中裂 palmately cleft
掌状深裂[4] ヤツデ
Leaf morphology Palmately compound.png 掌状全裂
掌状複葉
palmately divided,
palmately compound
トチノキヤマウコギコシアブラヤグルマソウ
Leaf morphology pedate.png 鳥足状深裂 pedately parted

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『岩波生物学辞典 第5版』p.1424e「葉身」
  2. ^ a b c 『岩波生物学辞典 第5版』p.329c「鋸歯」
  3. ^ a b c d 清水 (2001), p.276-277
  4. ^ a b c 岩瀬・大野 (2004), p.51-61
  5. ^ crenulate - ランダムハウス英和大辞典
  6. ^ a b 英語版Wikipedia「Glossary of leaf morphology(葉の形態の用語)」
  7. ^ 清水 (2001), p.130

参考文献[編集]

関連項目[編集]