ROCK FUJIYAMA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ROCK FUJIYAMA (ロックフジヤマ)は2006年4月3日から2007年3月26日までテレビ東京で放送されていた音楽バラエティ番組。2005年に放送された『ヘビメタさん』の実質的なリメイク版である。

概要[編集]

「大人のロック!推進計画」をコンセプトに、地上波ではあまり見られない「ロック好きな大人のための番組」となっている。番組ではロックの歴史やロックの名盤などを紹介し、ロック若者からロックおじさんまで幅広く楽しめる内容となっている。『ヘビメタさん』時代よりも取り扱うロックのジャンルの幅は広くなっている。

「駅前に立ち食いそばがあるというLAの『リトル高田馬場』にあるチャンネル69(架空)から日本へ向けて衛星中継で放送されている」という設定である。2005年に放送された『ヘビメタさん』と出演者やスタッフ、番組の基本フォーマット(企画、スーパーなどのフォント含め)はほぼ同じであるが、表向きは「一切関連は無い」ということになっている。

また、GyaOにおいて連動番組『Gyao Fujiyama』が放送された。こちらは『ROCK FUJIYAMA』の本番終了後に撮影という設定で収録されている。番組当初は、『ROCK FUJIYAMA』のコーナーの補足やロック・ファッションの紹介などだったが、2006年10月以降からリニューアルされた。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

親日家の元メガデスメンバー。当番組の要として衰え知らずのギターテクニックを披露した。
当番組のMC。決まり文句は「HELL YEAH!!(ロックやろうぜ!!)」。
アシスタント的な立ち位置で「ロックゲイシャガール」という設定。
なぜか度々マーティの前に現れる「ロック刺客」という設定。マーティとのセッションは当番組の見せ場のひとつだった。
「ロックニンニン!!」と嵐のように現れ、嵐のような爆笑と共に去っていく謎の忍者。第5回放送からは椅子を持参し、アーティスト情報やロック雑学を解説していた。
番組ではROLLYの代打、『Gyao Fujiyama』では頼正の代打も勤めた。最終回で準レギュラーであったことが判明した。
  • バーのマスター・きくまる
最終回ではスタジオに出演し、ご自慢のベースを披露した。

ゲスト[編集]

主なコーナー[編集]

  • Fujiyama Greatest Hits
ロックの名バンド3バンドを紹介。うち2バンドは古くから活躍するバンド、1バンドは若手バンドを紹介する場合が多い。『ヘビメタさん』のコーナー「School of Metal」とほぼ同様の内容である。
  • ロック・ハナウタ湯
ハナウタといえばお風呂、という連想から、風呂桶を持ったゲストがハナウタでロックを口ずさむ、通称「癒しのロック企画」。マーティとROLLYはゲストのハナウタが何の曲か分かったら挙手し、ギターで演奏した後そのアーティスト名及び曲名を答える。3問出題しポイントの多い方が勝利だが、実際は逆転3ポイントがかかった最終問題に正解した方が勝利。『ヘビメタさん』の不定期コーナー「口リフ対決」とほぼ同様である。
  • マーティのロック・ミーツ・ザ・ライジングサン
マーティが「日本の音楽はすべてロックだ」と言い切るコーナー。日本が誇る歌謡曲や民謡をロックの曲とミックスさせ、ロックアレンジで聴かせる。主にマーティとROLLYの2人で演奏するが、ゲストが加わる場合もあった(第8回でドラマーとして参加した真矢など)。『ヘビメタさん』のコーナー「メタル魂 in Japan」と同様の内容。
  • ロック百人一首
ROLLYの弾いたフレーズをゲストとマーティが聴き、百人一首の要領でその曲が収録されたアルバムジャケットを取り合うコーナー。「ハナウタ湯」同様、最終問題で逆転できるようになっていた。
  • SHELLYのロック語講座
ロックゲイシャガール・SHELLYによるロックな英語講座。SHELLYはメガネと初回にかぶっていたカツラを着用している。後に『Gyao FUJIYAMA』に移動。
  • SHOP FUJIYAMA
「忙しくてCD・DVDショップにも通えないゲストのために」という名目で、頼正がセレクトしたアーティストのDVD作品を紹介。実質的には「Fujiyama Greatest Hits」と同内容。
  • 文字リフ名人戦 スタジオジリフ
ギターリフを「文字」で表現、それをマーティ・ROLLY・ゲストが当てるクイズ。「ハナウタ湯」の文字版。
  • ロック!みつおせんだゲーム
せんだみつおゲームのロック版。一人目がバンド名を言って二人目を指名、二人目はそのバンドのギタリストの名前を言って三人目を指名、そして三人目はそのバンド、そのギタリスト在籍時のギターリフを演奏する。間違えると青汁ロックを飲まされる。
  • SHELLYのバラードに抱かれて
SHELLYと頼正、そして和製ジーンシモンズが送るバラードの紹介。和製ジーンシモンズは『ヘビメタさん』にて当時のメンバーからエアメタルゴッドの称号を与えられた。

また、単発企画も行われている。

  • ギターワールドカップ(2006年7月17日放送)
マーティとROLLYの「FUJIYAMA JAPAN」とDRAGON FORCEの「イギリスチーム」によるギターワールドカップ決勝戦。早弾き対決(規定のフレーズを繰り返し、そのタイムを競う)とSE対決(ギターで独創的なサウンド・エフェクトを奏でる)を行った。
  • スターレス高嶋のプログレを語らナイト(2006年8月7日放送)
大のプログレ好きのゲストであるスターレス高嶋こと高嶋政宏がプログレの魅力について語るコーナー。スターレスは彼が敬愛するキング・クリムゾンの楽曲名。後には当番組出演が縁で、キング・クリムゾンのベストアルバムのライナーノーツを高嶋が担当した。
  • ロックテール岩尾の俺に歌わせろ!(2006年9月4日放送)
ゲストであるフットボールアワーの後藤ばかりがギターを弾いていたため、楽器はできないが歌は歌えると自称する岩尾(ロックテール)が、ヘッドフォンから流れてくる曲を口ずさみ、それをマーティとROLLYが答える。「ハナウタ湯」をアレンジした企画。
  • リフは地球を救う! フジヤマ・ロックスター大感謝祭(2007年3月26日)
最終回で放送された、総集編的企画。今まで出演したゲストがリクエストしたロックナンバーを、マーティとROLLY、ルーク篁、さらにゲストのTRICERATOPSが時間の許す限り次々と演奏していった。

ROCK FUJIYAMA BAND[編集]

MARTY FRIEDMAN produce
「ROCK FUJIYAMA」
ROCK FUJIYAMA BAND の スタジオ・アルバム
リリース 2007年1月24日
ジャンル ROCK
レーベル エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
プロデュース マーティ・フリードマン
(選曲・監修 久武頼正)
テンプレートを表示

2006年11月20日放送分でROCK FUJIYAMA BAND(R.F.B.)が結成されたことが発表された。メンバーは番組出演者に加え、サポートメンバーとしてドラムに真矢、ベースにMASAKI(From.アニメタルCANTA)を迎えている。番組では大阪で行われたシークレットライブの模様を放送(マーティの楽曲「雑音の雨」を演奏)、そしてアルバム発売の告知がされた。

アルバム内容としては、選曲はニンニンこと久武頼正が担当し、洋楽のカヴァーを中心に据え、KENNY・ROLLY作詞、マーティ作曲によるオリジナルナンバーも収録された。ボーカルにはレギュラーメンバーのほか、過去のゲストも参加した。

  • 収録曲(ヴォーカル、楽曲、オリジナルアーティスト)
  1. R.F.B. feat. SHELLY BASKET CASE / GREEN DAY
  2. R.F.B. feat. MARTY FRIEDMAN HOUND DOG (YOU AIN’T NOTHING BUT A HOUND DOG) / Elvis Presley
  3. MCU LIGHTS!! CAMERA!! ELIXIR!! / MARTY FRIEDMAN
  4. R.F.B. feat. 野村義男 PURPLE HAZE / JIMI HENDRIX
  5. R.F.B. feat. KENNY GUY SUMMER OF' 69 / Bryan Adams
  6. R.F.B. feat. ROLLY BEN / Michael Jackson
  7. R.F.B. feat. 相川七瀬 LIVE TO TELL / Madonna
  8. R.F.B. DON'T STOP BELIEVIN' / Journey
  9. R.F.B. feat.ルーク篁 ARE YOU GONNA GO MY WAY / Lenny Kravitz
  10. MARTY FRIEDMAN featuring KIRITO 雑音(ノイズ)の雨 (STATIC RAIN)
  11. R.F.B. FUJIYAMA で会いましょう

…アルバム発表時はデーモン小暮閣下の参加が予定されていたが諸事情により「DK」名義に、その後「ボイスサンプル」としての参加となった。アルバムには「スタッフの不手際をデーモン小暮閣下に謝罪する」という意味の英文が掲載されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京 月曜25時枠
前番組 番組名 次番組
ロケットボーイズ
(2006.1.9 - 2006.3.27)
ROCK FUJIYAMA
(2006.4.3 -2007.3.26 )
モテケン
(2007.4.2 -)