韓国インターナショナルサーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
韓国インターナショナルサーキット
概要
所在地 大韓民国の旗韓国全羅南道霊岩郡三湖邑三浦里
座標 北緯34度44分 東経126度25分座標: 北緯34度44分 東経126度25分
営業期間 2010年
収容人数 約12万人
主なイベント F1韓国グランプリ
コース設計者 ヘルマン・ティルケ
Korea international circuit v2.svg
コース長 5.621km
コーナー数 18
ラップレコード 1分39秒605 (2011年)
セバスチャン・ベッテル
レッドブル (F1)
テンプレートを表示

韓国インターナショナルサーキット(Korean International Circuit)は、大韓民国全羅南道霊岩郡三湖邑三浦里にあるサーキット2010年から2013年までF1韓国グランプリが開催されていた。通称は霊岩(ヨンアム)サーキット

コースレイアウト[編集]

ヘルマン・ティルケが率いるティルケエンジニアリングがデザインに携わった。形状は朝鮮半島をモチーフとしている。グランプリ用コースは全長5,621mで反時計回り、2コーナー先の直線区間は1,200mを誇る。上部(グランプリ用コースで3コーナーから11コーナー)のみが常設サーキットで全長は全長3,045m。14コーナー以降の下部は将来的には港湾となりヨットなどが停留できるようになる予定。

高・中・低速コーナーにロングストレートを散りばめたレイアウトは評価が高く、ティルケがデザインしたトラックの中では最高レベルの出来とされる[1]。序盤はストレートが続く高速セクション。中盤は中速コーナーが続き、後半はウォールが近いテクニカルセクションとなる。11~13コーナーのS字から14.15コーナーの90度ターンの連続切り返し地帯はミスが多く、2010年韓国グランプリではポイントリーダーのマーク・ウェバーがS字から14コーナーの入り口で外側の縁石に大きくはみ出しスピン。そのまま15コーナー外側のウォールに激突し後続のニコ・ロズベルグを巻き込む大クラッシュとなった。

建設[編集]

建設の経緯[編集]

全羅南道が推進する西南海岸観光レジャー都市開発(Jプロジェクト)の初事業として、2007年10月に建設に着手し、2009年4月10日に本格着工した。施工者はSK建設で、施工場所は干拓地であり海の至近である。

2010年10月22日に開催される2010年韓国グランプリに間に合うよう、当初は2010年7月の完成予定であったが、建設工事が大幅に遅れた。遅れの原因としては例年より多く雨が降ったため、干拓地の排水作業や地盤改良工事に手間取ったことが挙げられている[2]

この遅れにより、開催に対する影響が懸念され、その旨を多くのマスメディアが報道した。これらの疑念を晴らすべく9月4日に「Circuit Run 2010」と題して走行会(デモ走行)が行われた。レッドブルのマシンを用意し、それに搭乗したドライバーはカルン・チャンドックであった[3]。行なわれたデモ走行の時点でも多くの箇所が工事中のまま[4]であり、サーキットのアスファルトはかろうじて全面舗装されているものの、3層のうち1層目しか舗装が行われていなかった。縁石も未設置であり、ランオフエリアのアスファルト舗装やタイヤバリアも設置されていなかった。仮設スタンドなどの設置も行われていなかった[5][3]。通常レースに使用されるスリックタイヤではなくウェットタイヤを使用しており、全力走行もしなかった。

その為、通常数ヶ月前には完了するFIAによる最終検査[6]は9月21日に予定されていたが[7]、その後主催者は9月28日まで延期を求め[8]、最終的には日本GPの翌日であり、韓国GP開催の10日前にあたる10月11日に最終検査を延期した[9]

開催直前までグランプリ検査が延期される事は極めて異例であり、FIAが制定する新サーキット建設及び、レースの開催についてのレギュレーション第3条の4項によると、最終的な立入検査は90日以内に行う必要があるとされ、60日以内には路面に関する全ての作業を終えてなければならないとされる[6]。 なお、レース開催10日前に緊急路面舗装工事を完了させたケースは1985年ベルギーGPスパ・フランコルシャン)がある。このケースではフリー走行中に路面が剥がれてしまい、危険性を訴える為にドライバー全員でボイコットを行った結果、決勝レースは予選の3ヵ月後に延期となった[10]。 直近で90日査察が間に合わなかったサーキットの例としてはバーレーン・インターナショナル・サーキットヤス・マリーナ・サーキットがある。

10月12日、最終査察にFIAのチャーリー・ホワイティングが訪問し、F1開催が可能なサーキットとして承認した事を発表した[11]。但し、未建設施設が残っている事を韓国グランプリ主催者側も認めた[12]

建設中の事故[編集]

急ピッチで作業が進められていたサーキット建設現場では9月29日にホームストレート上のクレーン車が倒れ、グランドスタンドを破壊するという事故が発生した。被害は比較的小規模であった[13][14]。他にもメインスタンドを工事中の作業員が15mの高さから落下し、重傷を負うという事故が発生している[15]

F1韓国グランプリの開催[編集]

サーキット建設の遅れや建設中の事故で、2010年韓国グランプリの開催について様々な懸念があったが、大会実施後はFIAから「3日間のレース期間中は大きな問題も発生せず、初開催にもかかわらず円滑なレース運営を成し遂げた」点が評価され、「最高水準の韓国国際サーキットで初のグランプリを開催したことを認める」との賞賛の言葉と共にベストプロモーター賞を授与された[16][17][18]

しかし韓国グランプリの人気低迷による不採算により、韓国グランプリの開催は2013年のF1世界選手権を最後に打ち切られ、4回開催されたのみで中止となった。現在再開する目処は立っていない。

F1韓国グランプリ開催後のコース変更[編集]

本サーキットでの初の本格レースとなった、2010年韓国グランプリの10月22日のフリー走行で、ドライバーから「ピットレーン入口」と「路面より低い16コーナー縁石」が危険個所として指摘された。この対策のため、翌日23日の予選に向けて、ピットの白線の一部の除去工事などの夜間緊急コース改修が行われたが[19]、急な工事だったため路面排水の捌けが非常に悪く、翌24日の決勝レースの開始時間を雨天のため大きく遅らせる結果となった。大会開催後、大会主催者(KAVO)は至らなかった部分が多々あった事を認め、サーキット以外にも駐車場等を含めたインフラ整備を行い、次回開催に向けて準備を進めることを宣言した[20]

2012年韓国グランプリまでは1コーナー部分と合流する形だったピットの出口部分も、レース中のコースへの合流の際に接触事故が起きる懸念が度々おきた。この対策として、2013年韓国グランプリから、1コーナーからではなく大きく回って2コーナーで合流するように変更したが、急造の改修だっため、ランオフエリア部分の路面の凸凹を気にするドライバーも出た。

F1韓国グランプリにおける問題点[編集]

韓国グランプリ開催時の主な問題点は「韓国グランプリ」を参照のこと。

その他のレースの開催[編集]

本サーキットで開催された初レースは、2010年韓国グランプリの前座として行われたヒュンダイ・シリーズである。韓国グランプリ以外のレースでは、韓国のGT選手権である「SUPERRACE CHAMPIONSHIP」などが開催されている。2011年にはスーパー耐久の開催が予定されたが、同年3月に発生した東北地方太平洋沖地震の影響でレース日程が大幅に変更されたため「レース車両の輸送が時間的に困難」との理由で中止された[21]。2013年に開催予定だったSUPER GTのオールスター戦も開催延期となった[22]

立地[編集]

アクセス[編集]

至近の空港は務安国際空港金浦国際空港と定期便で結ばれていたが、現在は運休中。サーキットすぐ側に木浦空港があるが、2007年の務安国際空港の開港により民間利用は廃止されている。船舶による移動手段としては博多港から高速船ビートル釜山港に向かい、ここからバスを使用して移動する手法もある。

周辺[編集]

韓国グランプリの大会主催者(KAVO)は、韓国インターナショナルサーキットを中心とした大規模な都市計画を打ち出していた。この都市計画は2021年までにサーキット一帯をモータースポーツと観光を主体とした都市に発展させる構想であり、総額16億7000万ドル(約1357億円)の事業と言われていた。尚、都市計画化工事は2011年後半に施工開始を予定としていたが[23]、韓国グランプリの開催中止により当初計画は中断している。

また1988年に韓国が指定した月出山国立公園がある。月出山に生息する植物、動物などの生態系は韓国国内で非常に貴重であると知られている[24]

参考文献[編集]

  • " ANNEXE O AU CODE SPORTIF INTERNATIONAL / APPENDIX O TO THE INTERNATIONAL SPORTING CODE "[1] - Procedures for the Recognition of Motor Racing Circuits Article 3.4 (モータースポーツサーキットの手続きと認定 第3条の4項)国際自動車連盟のレギュレーションより (一部翻訳) 28.Sep 2010 19:41(UTC)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “F1ドライバー、韓国のトラックを称賛するが最後は本音コメントに”. F1通信. (2010年10月22日). http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51704176.html 2010年11月4日閲覧。 
  2. ^ “Korea races to have track ready - SuperSport - Motorsport”. http://www.supersport.com/motorsport/formula1/news/100915/Korea_races_to_have_track_ready 2010年9月15日閲覧。 
  3. ^ a b “動画:韓国インターナショナルサーキット F1車載カメラ”. F1 Gate.com ( + youtube). (2010年9月7日). http://f1-gate.com/korea_gp/f1_9033.html 2010年9月7日閲覧。 
  4. ^ “Results for search of photos matching "yeongam".”. AllAroundPhilly.com. (2010年9月4日). http://hosted.ap.org/dynamic/external/search.hosted.ap.org/wireCoreTool/Search?type=Photo&output_format=PARA&query=yeongam&SITE=JRC&SECTION=HOME 2010年9月7日閲覧。 
  5. ^ “カルン・チャンドック、韓国インターナショナルサーキットを語る”. F1 Gate.com. (2010年9月4日). http://f1-gate.com/chandhok/f1_9013.html 2010年9月4日閲覧。 
  6. ^ a b “ANNEXE O AU CODE SPORTIF INTERNATIONAL / APPENDIX O TO THE INTERNATIONAL SPORTING CODE”. FIA. (2010年7月7日). http://argent.fia.com/web/fia-public.nsf/836F796BA4CA12B2C1257759005F6B46/$FILE/10.07.07_Annexe%20O%202010%20.pdf 2010年9月28日閲覧。 
  7. ^ “F1:霊岩に及第点「面白いレースになりそう」”. 朝鮮日報. (2010年-09-06). http://www.chosunonline.com/news/20100906000009 2010年9月7日閲覧。 
  8. ^ “F1韓国GP主催側 「なんとしてもトラックを完成させる」”. F1 Gate.com. (2010年-09-16). http://f1-gate.com/korea_gp/f1_9175.html 2010年9月28日閲覧。 
  9. ^ “F1韓国GP主催者 「急いで完成させる」”. F1 Gate.com. (2010年-09-28). http://f1-gate.com/korea_gp/f1_9342.html 2010年9月28日閲覧。 
  10. ^ “特集:幻のレース”. ESPN F1. (2010年-09-22). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/28926.html 2010年9月28日閲覧。 
  11. ^ “韓国インターナショナルサーキットをFIAが承認”. ESPN F1. (2010年10月12日). http://ja.espnf1.com/korea/motorsport/story/30985.html 2010年10月12日閲覧。 
  12. ^ “F1韓国GP側、会場が未完成であることを認める”. F1 Gate.com. (2010年10月13日). http://f1-gate.com/korea_gp/f1_9538.html 2010年10月13日閲覧。 
  13. ^ “F1韓国GP、サーキット建設現場で事故発生”. F1 トップニュース. (2010年10月1日). http://www.topnews.jp/2010/10/01/news/f1/races/koria-gp/24250.html 2011年2月15日閲覧。 
  14. ^ “Unfall bei den Bauarbeiten in Yeongam”. Motorsport TOTAL. (2010年9月29日). http://www.motorsport-total.com/f1/bilder/cat.php?c=10yeongamlok3 2010年10月3日閲覧。 
  15. ^ “영암 F1경기장서 20대 추락사고 - 1등 인터넷뉴스 조선닷컴”. (2010年10月13日). http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2010/10/13/2010101301582.html 2010年10月13日閲覧。 
  16. ^ 「3日間のレース期間中は大きな問題も発生せず、初開催にもかかわらず円滑なレース運営を成し遂げた点が評価された」とあるが、メディアによっては「コース舗装から最短期間で開催されたレース」と評価されている
  17. ^ “ドタバタ韓国GP、しかし『ベスト・プロモーター賞』”. FMotorsports F1. (2010年12月12日). http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2010/12/gp-cce0.html 2011年1月7日閲覧。 
  18. ^ 声明のなかで「最高水準の韓国国際サーキットで初のグランプリを開催したことを認める」と、ベストプロモーター賞の根拠を明らかにしている。 オートスポーツweb - 2010/12/12 配信
  19. ^ “F1韓国GP、コースを緊急改修”. F1トップニュース. (2010年10月23日). http://www.topnews.jp/2010/10/23/news/f1/races/koria-gp/25859.html 2010年10月23日閲覧。 
  20. ^ “F1韓国GP 「2011年にはさらに良いショーを」”. F1 Gate.com. (2010年10月25日). http://f1-gate.com/korea_gp/f1_9702.html 2010年10月26日閲覧。 
  21. ^ スーパー耐久シリーズ2011 開催日程変更に関するお知らせ - スーパー耐久機構・2011年3月24日
  22. ^ スーパーGT韓国戦は延期が決定。開催時期は未定 - オートスポーツ・2013年4月18日
  23. ^ “韓国、F1サーキットを中心とした都市建設を計画”. F1 Gate.com. (2010年10月19日). http://f1-gate.com/korea_gp/f1_9595.html 2010年10月20日閲覧。 
  24. ^ “月出山国立公園”. K.N.P. 韓国国立公園公式サイト(日本語版). http://japanese.knps.or.kr/Knp/Wolchulsan/Introduce.aspx?MenuNum=1&Submenu=02 2010年10月20日閲覧。 

外部リンク[編集]