那羅延天

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

那羅延天(ならえんてん)は、漢訳仏典におけるバラモン教ヒンドゥー教ヴィシュヌの異名「ナーラーヤナ」(en:Narayana)の音写。本項では、仏教におけるヴィシュヌについて記載する。

仏教経典では「毘紐天(びちゅうてん、「ヴィシュヌ」の音写)」の名も引用されている。大正新脩大蔵経データベースでの検索では、「毘紐天」よりも「那羅延天」のほうが多くヒットする。貞元新定釋教目録などには「那羅延天王経」という経典がリストアップされているが、同タイトルの経典は大正新脩大蔵経には収録されていない。

無量寿経』では、法蔵菩薩(のちの阿弥陀如来)が誓願(四十八願の第二十六願)の中で、自分が建設する極楽浄土における求道者が「ナーラーヤナ神が金剛で打つような体」を持つようにすると語っている[1]

また『大智度論』では、ヴィシュヌ神を漢訳して遍聞といい、四臂にして貝を捉り輪を持し金翅鳥に騎すと説いている[2]

敦煌の仏教壁画などでは、ヒンドゥー教におけるヴィシュヌのように迦楼羅天ガルダ)に乗った姿で描かれる[3]

スリランカではヴィシュヌは仏教の守護神と信じられ、神々をまつる「デワレ」にもヴィシュヌを祀ったものがある。十のアヴァターラを描いたデワレも存在する[4]。デワレだけでなく、寺院本堂の中にヴィシュヌ像がおかれる例もまれにある。スリランカではヴィシュヌ像の肌は青く塗られている。ペラヘラ祭りで行われる行列の一つ「ランドーリ・ペラヘラ」にはヴィシュヌ神像を乗せたも加わる[5]

注釈[編集]

  1. ^ 『浄土三部経 上』岩波文庫、41頁
  2. ^ 『大智度論』の所説。(如韋紐天。秦言遍聞。四臂。捉貝持輪。騎金翅鳥。)
  3. ^ 考古用語辞典 那羅延天像
  4. ^ 青木保編著『聖地スリランカ 生きた仏教の儀礼と実践』日本放送出版協会、46、51頁
  5. ^ 同149頁

関連項目[編集]