紀伊長島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紀伊長島駅
駅舎(2009年5月)
駅舎(2009年5月)
きいながしま - Kii-nagashima
梅ヶ谷 (8.9km)
(7.5km) 三野瀬
三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島301
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
キロ程 98.4km(亀山起点)
電報略号 キナ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
273人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1930年昭和5年)4月29日
備考 駅長配置駅管理駅
みどりの窓口

紀伊長島駅(きいながしまえき)は、三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線である。

東紀州の玄関口に位置しており、全列車が停車する。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、計2面3線を有し単式ホーム側に駅舎がある地上駅である。側線が数本敷設されており、周辺と比較すると駅の規模は大きい。互いのホームは跨線橋で連絡している。

紀伊長島駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 紀勢本線 上り 松阪名古屋方面 特急「南紀」を含む
2 紀勢本線 下り 尾鷲新宮方面
3 紀勢本線 下り 尾鷲・新宮方面 待避・始発等一部列車
上り 松阪・名古屋方面 当駅始発のみ

駅舎は開業時につくられた木造のものを改装しながら使っている。改札口にはLEDの発車案内がある。

駅長駅員配置駅(直営駅)である。管理駅として、伊勢柏崎駅 - 三野瀬駅間の各駅を管理している。みどりの窓口設置駅であるが、自動改札機自動券売機の設置はなく、TOICAもサービスエリア外で使えない。

当駅に発着する列車のうち約3分の1が特急(ワイドビュー南紀)である。上りは1番線、下りは2番線を使用する(普通列車も待避などがなければ基本的には同様)。当駅はJR東海管内の紀勢本線では列車運行上の重要な役目を果たしており、普通列車は車両の増結や切り離し、特急待避や行き違いの待ち合わせなどを行い、夜間滞泊の設定もある。待避線となっている3番線に入り長時間停車する列車が多い。かつては、夕方前に1時間44分も停車する列車(330C列車)もあったが、2008年平成20年)3月14日のダイヤ改正により、当駅で運転が分断された。

2012年3月までJR東海管内では唯一、駅所属の運転士が配置されていた。乗務範囲は、紀勢本線の多気駅から新宮駅までである。(2010年3月13日のダイヤ改正までは、特急南紀のみ、JR西日本管内の紀伊勝浦まで担当していたが、ダイヤ改正以降、新宮駅 - 紀伊勝浦駅間はJR西日本運転士が担当するようになった。運転士の会社境界越境運用というのは、JR旅客会社では珍しい。)

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 355
1999年 362
2000年 360
2001年 333
2002年 314
2003年 322
2004年 335
2005年 322
2006年 295
2007年 279
2008年 264
2009年 265
2010年 264
2011年 254
2012年 273

駅周辺[編集]

駅前ロータリーには無料駐車場・駐輪場、三重交通バス停留所、タクシー乗り場が、駅前通りには、オークワ紀伊長島店、百五銀行長島支店などがある。

バス路線[編集]

  • 三重交通
    • 国道相賀
    • 瀬木山(尾鷲せぎやまホール前)
    • 河合

錦福羅公園行きは、2009年(平成21年)4月30日をもって廃止された。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

※特急「南紀」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

東海旅客鉄道
紀勢本線
梅ヶ谷駅 - 紀伊長島駅 - 三野瀬駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]