栃原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
栃原駅
駅舎(2009年12月31日)
駅舎(2009年12月31日)
とちはら - Tochihara
佐奈 (5.5km)
(5.7km) 川添
所在地 三重県多気郡大台町栃原1247
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
キロ程 55.1km(亀山起点)
電報略号 トチ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
121人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1923年大正12年)3月20日
備考 駅員無配置駅
ホームから佐奈方面を望む(2009年12月)
ホームから川添方面を望む(2009年12月)

栃原駅(とちはらえき)は、三重県多気郡大台町栃原にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する行違い可能な地上駅。木造駅舎は撤去され、2000年2月に簡易駅舎が建てられた。互いのホームは跨線橋によって連絡している。多気駅管理の無人駅となっている。

栃原駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 紀勢本線 下り 尾鷲新宮方面[1]
2 紀勢本線 上り 松阪名古屋方面[1]

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 206
1999年 202
2000年 181
2001年 175
2002年 159
2003年 151
2004年 142
2005年 143
2006年 140
2007年 144
2008年 145
2009年 147
2010年 127
2011年 124
2012年 121

駅周辺[編集]

  • 川添神社
  • 国道42号
  • 大台町立日進小学校
  • 大台町立協和中学校(2009年3月迄、三重県多気郡大台町・度会郡大紀町学校組合立協和中学校)
  • 伊勢自動車道勢和多気IC
  • 柳原観音
  • 熊野古道伊勢路 - ここから田丸方面に到る道になる。

バス路線[編集]

三重交通栃原駅口バス停

  • 54系統 松阪駅前
  • 54系統 三瀬谷(射和経由)

歴史[編集]

当駅は1923年大正12年)に、国鉄紀勢東線の相可口駅(現在の多気駅)から当駅までの開通に伴って開業したが、そのわずか6ヶ月ほど後の大正12年9月には当駅から川添駅まで一駅分だけ延伸となり終着駅でなくなった。

その後当駅は昭和34年に現在の紀勢本線が全通し亀山駅と和歌山駅(現在の紀和駅)の間が紀勢本線となったのを受け国鉄紀勢本線の駅となり、さらに国鉄の分割民営化によりJR東海の駅となって現在に至っている。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
紀勢本線
佐奈駅 - 栃原駅 - 川添駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。
  2. ^ 「天王寺鉄管局、紀勢線と参宮線の駅業務を大幅削減へ」日本経済新聞1983年6月29日付、地方経済面中部7ページ

関連項目[編集]