神志山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神志山駅
駅舎(2005年8月)
駅舎(2005年8月)
こうしやま - Kōshiyama
有井 (4.5km)
(1.5km) 紀伊市木
三重県南牟婁郡御浜町大字下市木4649
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
キロ程 164.1km(亀山起点)
電報略号 コシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
68人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1940年昭和15年)8月8日
備考 駅員無配置駅

神志山駅(こうしやまえき)は、三重県南牟婁郡御浜町大字下市木にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅である。互いのホームは跨線橋で連絡している。ホームに附された番号は駅舎側からそれぞれ1番線、2番線となっている。2面のホームは互い違いになっていて1番線が有井方に、2番線が紀伊市木方にそれぞれずれている。駅舎は1番線の紀伊市木方の端に接してあり1番線ホームのさらに紀伊市木寄りのつまり駅舎の脇に当たる場所には側線がある。開業当初からの駅舎が残る。民家風の入母屋造でよく凝ったつくりとなっている。

熊野市駅管理の無人駅で駅員はいないが、駅舎の中には出札口および小荷物台がシャッターの閉じられた状態で今も残っている。

神志山駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 紀勢本線 下り 新宮方面[1]
2 紀勢本線 上り 尾鷲名古屋方面[1]

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 96
1999年 92
2000年 92
2001年 87
2002年 80
2003年 79
2004年 71
2005年 68
2006年 68
2007年 70
2008年 71
2009年 67
2010年 77
2011年 70
2012年 68

駅周辺[編集]

熊野市駅から新宮駅にかけての海岸沿いには大小たくさんの集落が点在しているが、当駅もその中のひとつに存在している。駅周辺は湿地帯となっていて、駅の2番線側に位置する壺の池をはじめとして池や沼がたくさんある。志原川の河口も近く、尾鷲方面へ行く紀勢本線の列車は当駅を出るとこの河口にかかる志原鉄橋をわたることとなる。なお当駅は国道42号沿いにあるが国道42号からは少しだけ内陸に入ったところにあるため、国道42号から細い道が分岐して当駅の前に至り、そのまままた国道42号に合流するという形となっている。

  • 御浜町立御浜中学校
  • 神志山郵便局
  • 鵜殿警察署神志山駐在所
  • 御浜町立神志山小学校
  • 不動の滝
  • 国道42号

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
紀勢本線
有井駅 - 神志山駅 - 紀伊市木駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。
  2. ^ 「天王寺鉄管局、紀勢線と参宮線の駅業務を大幅削減へ」日本経済新聞1983年6月29日付、地方経済面中部7ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]