伊勢柏崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊勢柏崎駅
駅入口(2010年、建物資産標には平成21年3月とある)
駅入口
(2010年、建物資産標には平成21年3月とある)
いせかしわざき - Ise-kashiwazaki
阿曽 (5.1km)
(4.7km) 大内山
所在地 三重県度会郡大紀町崎225
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
キロ程 82.2km(亀山起点)
電報略号 イカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
85人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1927年昭和2年)7月3日
備考 駅員無配置駅
旧駅入口(2006年12月30日)

伊勢柏崎駅(いせかしわざきえき)は、三重県度会郡大紀町崎にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線である。

旧・紀勢町にある唯一の鉄道駅で、この駅は同町の入口としての役割も持っていた。なお駅名は開業当時のこの駅のあった村の名前に由来しており、それは附近の二つの集落柏野の名を合成したものである。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持ち列車同士の行き違いが可能な地上駅である。ホーム間の連絡は跨線橋による。駅舎は撤去され、貨物コンテナを改造した簡易駅舎の駅であったが、近年改築された。

紀伊長島駅管理の無人駅

伊勢柏崎駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 紀勢本線 上り 松阪名古屋方面[1]
2 紀勢本線 下り 尾鷲新宮方面[1]

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 72
1999年 80
2000年 90
2001年 90
2002年 93
2003年 88
2004年 75
2005年 84
2006年 82
2007年 93
2008年 102
2009年 94
2010年 89
2011年 84
2012年 85

駅周辺[編集]

大内山川が山を削って出来たわずかばかりの平地にあり、周囲には人家や郵便局に学校や役場の出張所などがある。当駅は崎の集落にあるが、北東にあるもうひとつの大きな集落・柏野の入口としての役割もある。

駅の南西側で大内山川に合流する三ヶ野川沿いに上流へと向かうとその道は錦峠の附近で国道260号線になり、さらにその国道260号線を南下すると錦漁港で有名な錦の集落にたどり着く。錦の集落には港に面していくつかの旅館などがあり、大紀町役場の錦支所や大紀町立錦小学校などもある。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
紀勢本線
阿曽駅 - 伊勢柏崎駅 - 大内山駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。
  2. ^ 「天王寺鉄管局、紀勢線と参宮線の駅業務を大幅削減へ」日本経済新聞1983年6月29日付、地方経済面中部7ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]