相可駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相可駅
駅舎(2009年2月2日)
駅舎(2009年2月2日)
おうか - Ōka
多気 (3.9km)
(3.2km) 佐奈
所在地 三重県多気郡多気町相可1146
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
キロ程 46.4km(亀山起点)
電報略号 オウ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
226人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1923年大正12年)3月20日
備考 駅員無配置駅
夜明けの相可駅。背後に新しい住宅地が広がる
跨線橋から多気・松阪方面をのぞむ

相可駅(おうかえき)は、三重県多気郡多気町相可にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線である。

多気駅より多気町の中心に近く、櫛田川を挟んだ松阪市射和町の玄関口でもある。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。線路の西側にホームが設置されている。

2005年4月10日までは相対式ホーム2面2線を有する構造であったが、東側の線路が撤去された。なお、2005年4月10日までは西側のホームが1番線、東側のホームが2番線とされ、それぞれ亀山方面、新宮方面の列車が発着していた。線路が撤去されたのちも2番線のホーム自体は撤去されておらず、駅の佐奈方に設置された跨線橋も駅の東西を結ぶ自由通路として利用されている。簡易な構造の駅舎がホームに接して設けられている。

多気駅管理の駅員無配置駅である。

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 256
1999年 242
2000年 228
2001年 234
2002年 218
2003年 226
2004年 220
2005年 239
2006年 241
2007年 249
2008年 264
2009年 256
2010年 242
2011年 222
2012年 226

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 三重交通
    • 「相鹿上神社」停留所
      • 54系統・55系統 松阪駅前(射和経由)
      • 54系統 三瀬谷(射和経由)
      • 55系統 シャープ正門前
    • 「相可一区」停留所
      • 52系統 松阪駅前
      • 52系統 松阪駅前(工業団地経由)
      • 52系統 大石
  • 多気町町営バス
    • 幹線バス:下河田、多気駅、波多瀬公民館、大石
    • 予約運行型小型バス(でん多)
      • 1系統(西相鹿瀬線) 多気駅
      • 2系統(西池上・下佐奈線) 多気駅
      • 3系統(上佐奈線) 長谷公民館
      • 4系統(五桂・井戸谷線) 多気町役場

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
紀勢本線
多気駅 - 相可駅 - 佐奈駅

脚注[編集]

  1. ^ 「天王寺鉄管局、紀勢線と参宮線の駅業務を大幅削減へ」日本経済新聞1983年6月29日付、地方経済面中部7ページ

関連項目[編集]