三重交通松阪営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

三重交通松阪営業所(みえこうつうまつさかえいぎょうしょ)は三重県松阪市にある三重交通の営業所。大津車庫とも呼ばれる。三重急行自動車本社と隣接し、松阪市を中心とした地域を管内に持つ。

現行路線[編集]

松阪市内線[編集]

  • 02系統:パークタウン学園前 - 三重中京大学口 - 駅部田(まえのへた) - パティオひの街 - 松阪駅前 - 市民病院 - 松阪中央病院
    • 昼間は30分毎の運行。
  • 06系統:松阪駅前 - 県松阪庁舎前 - 松阪合同庁舎(平日のみ運行)
  • 08系統:松阪駅前 - 春日町 - 松阪高校前 - 新四ツ又 - 三重高校前(学校休校日運休)

飯南波瀬線[編集]

  • 11系統:松阪駅前 - 春日町 - 辻原 - 大石(おいし) - 宮前学校前 - 道の駅飯高駅(旧・飯高地域振興局前)
  • 12系統:松阪駅前 - 春日町 - 辻原 - 大石 - 宮前学校前 - 道の駅飯高駅(旧・飯高地域振興局前) - 田引 - 森 - スメール
    • 2012年4月1日、飯高地域振興局前から道の駅飯高駅に名称変更。

宇気郷線[編集]

  • 14系統:松阪駅前 - 春日町 - 丹生寺 - 辻原 - 柚原(ゆのわら)
    • 松阪市自主運行路線の受託。2012年に三重交通のHPがリニューアルされるまでは、同社で唯一時刻検索システムの対象外の路線だった。

中部台公園線[編集]

  • 15系統:松阪駅前 - 中部台公園(高校野球地方大会などのイベント時のみ運行)

阿坂小野線[編集]

  • 48系統:松阪駅前 - 市役所前 - パワーセンター松阪 - 松阪中央病院 - 藤の木台 - 小野 - 嬉野一志町
    • 08系統と41系統(いずれも廃止)を統合して本系統が運行開始。
    • 2006年4月、松阪市自主運行路線の受託となり、パワーセンター松阪経由に変更。
    • 2012年4月1日、小野 - 嬉野一志町間延長及び松阪中央病院へ乗り入れ。

松阪大石線[編集]

  • 52系統:松阪駅前 - 春日町 - (工業団地) - 射和 - (相可高校) - 庄 - 大石
    • 三重電気鉄道松阪線の廃止代替バスに相当する。昼間は60分毎の運行。
    • 括弧内は一部便が経由。上記以外に下蛸路・中万経由の便あり。
    • 2012年4月1日、ダイヤ改正で中万口、中万 停留所が休止になる。

大杉線[編集]

  • 54系統:松阪駅前 - 春日町 - 射和 - 多気町役場前 - 栃原駅前 - 三瀬谷( - 大杉)
    • 三瀬谷 - 大杉間は1999年4月1日から運休中[1]
  • 55系統:松阪駅前 - 春日町 - 相可台 - シャープ正門前
    • 運行開始当初は、射和・相可・多気町役場前を経由していた。

飯南松阪高校線[編集]

  • 90系統(運行案内上は52系統):松阪高校前 - 射和 - 庄 - 大石
  • 91系統(運行案内上は11系統):松阪高校前 - 辻原 - 大石 - 老人福祉センター - 道の駅飯高駅(旧・飯高地域振興局前)
    • 学校休校日は運休。
    • 大石 - 道の駅飯高駅(旧・飯高地域振興局前)間は、松阪高校前ゆきのみ運行。

コミュニティバス[編集]

廃止・撤退路線[編集]

  • 01系統:松阪市内線(パークタウン学園前 - 三重中京大学口 - 駅部田 - パティオひの街 - 松阪駅前 - 市民病院前 - 川井町循環)
    • 廃止直前の運行区間は、松阪駅前 - 川井町循環 のみであった。
  • 03系統:松阪市内線(松阪駅前 - 垣鼻 - 新四ッ又 - 三重高校前)
    • 廃止直前は、松阪駅前ゆきのみ運行していた。
  • 04系統:松阪市内線(松阪駅前 - 市民病院 - 文化会館)
  • 05系統:松阪市内線(松阪駅前 - 新松阪 - 松阪大学前 - パークタウン学園前)
    • 松阪駅前 - 新松阪 の区間便も存在した時期があった。
  • 07系統:松阪市内線(松阪駅前 - パティオひの街 - 駅部田 - 松阪大学前(現:三重中京大学口) - 松阪大学正門前(現:三重中京大学))
    • のちに08系統(現行)へ振替となり、所要時間が短縮された。
  • 08系統:松阪市内線(松阪駅前 - 垣鼻 - 新四ッ又 - レインボータウン高田)
    • 後年、41系統と統合し、48系統として運行。
  • 11系統:飯南波瀬線(スメール - 森 - 上木梶)
  • 13系統:飯南波瀬線(大石 - 飯南地域振興局前 - 老人福祉センター - 飯高地域振興局前)
    • この系統の廃止により、老人福祉センター停留所は飯南方面ゆきのみ発着となった。
  • 20系統:松阪伊勢線(松阪駅前 - 早馬瀬口 - 世古 - 宇治山田駅前
    • 現在は伊勢営業所により20系統(早馬瀬口 - 宇治山田駅前)が運行されている。
  • 30系統:津松阪線(津駅前 - 三重会館 - 西阿漕 - 下弁財 - 米津 - 天白 - 鎌田 - 松阪駅前)
  • 31系統:津松阪線(津駅前 - 三重会館 - 乙部朝日 - 下弁財 - 米津 - 天白 - 西林 - 松阪駅前)
    • 現在は中勢営業所により31系統(津駅前 - 天白)が運行されている。
  • 32系統:小野江線(小野江 - 天白 - 西林 - 松阪駅前)
  • 41系統:阿坂小野線(松阪駅前 - 市役所前 - 一本松 - 深長 - 伊勢寺 - 小阿坂 - 小野)
    • 後年、当時の08系統と統合し、48系統として運行。
  • 42系統:藤の木台線(松阪駅前 - 市役所前 - 一本松 - 日丘町 - 藤の木台)
    • 後年、61系統と統合し、64系統として運行。
  • 49系統:ハイタウン松阪線(松阪中央病院 - 西林 - 松阪駅前 - 垣鼻 - 松阪高校前 - 新四ツ又 - レインボータウン高田 - ハイタウン松阪)
  • 51系統:松阪大石線(松阪駅前 - 駅部田 - 下蛸路 - 射和 - 中万)
  • 53系統:丹生線(松阪駅前 - 駅部田 - 射和 - 丹生大師前 - 大石)
    • 後年、射和 - 丹生大師前 - 大石は、ほぼ同ルートで多気町町営バスを運行。
  • 54系統:松阪五桂線(松阪駅前 - 駅部田 - 射和 - 多気町役場前 - 五桂池 - ふるさと村)
  • 58系統:藤木屋線(松阪駅前 - 駅部田 - 国道射和 - 栃原駅前 - 野添 - 八ヶ野 - 藤木屋)
  • 61系統:東黒部線(前野 - 南藤原 - 出間 - 東黒部 - 営業所前 - 松阪駅前)
    • 後年、42系統と統合し、64系統として運行。
  • 62系統:魚見線(前野 - 魚見 - 営業所前 - 松阪駅前)
  • 64系統:黒部藤の木台線(前野 - 南藤原 - 出間 - 東黒部 - 営業所前 - 松阪駅前 - 五曲り - 藤の木台)
  • 72系統:嬉野線(中川駅前 - 下之庄 - 釜生田 - 宮野橋 - 合ヶ野 - 小原 - 上小川)
  • 81系統:大口線(松阪駅前 - 鎌田 - 大口 - 松阪港 - 猟師町)
  • 91系統:松商線(松阪駅前 - 垣鼻 - 四ツ又 - 松商前)

車両[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「三瀬谷-大杉間路線を廃止 三重交通 過疎化など乗客減少で 来月から村営バス運行」伊勢新聞 1999年3月30日付 12面
[ヘルプ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]