二木島駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
二木島駅
駅舎(2005年7月)
駅舎(2005年7月)
にぎしま - Nigishima
賀田 (4.1km)
(4.0km) 新鹿
所在地 三重県熊野市二木島町540
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 紀勢本線
キロ程 146.8km(亀山起点)
電報略号 ニマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
39人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1959年昭和34年)7月15日
備考 駅員無配置駅

二木島駅(にぎしまえき)は、三重県熊野市二木島町にある、東海旅客鉄道(JR東海)紀勢本線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームの端に開業当時からのモルタル製の駅舎が残り、妻面に出入り口がある。

1983年以来、無人駅であり、普段は駅舎内部の窓口はシャッターが閉まったままの状態となっている。駅の管理は熊野市駅が行っている。

利用状況[編集]

「三重県統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 120
1999年 109
2000年 100
2001年 94
2002年 78
2003年 75
2004年 70
2005年 67
2006年 65
2007年 63
2008年 52
2009年 48
2010年 44
2011年 39
2012年 39

駅周辺[編集]

駅は、二木島湾の奥に位置する二木島の集落に所在する。二木島の集落から見て高い位置に置かれており、駅から海(太平洋)を見ることもできる。駅から坂を下ると二木島の集落に至り、二木島のも近い。集落には熊野市役所荒坂出張所、熊野警察署二木島駐在所熊野市立荒坂小学校熊野市立荒坂中学校などがある。

紀勢本線の線路は二木島を経由するため、大きく迂回している。本来の計画では賀田から新鹿までを1本のトンネルで直接結ぶはずであったが、二木島の人々の陳情により、トンネルを大きく2つに分けた上、ルートを変更したといわれる。

なお、駅周辺の移動体通信サービス状況として、一部の携帯電話で「圏外」になる。

  • 二木島峠
  • 逢神坂峠 :二木島駅から新鹿方面へ少し入った所にある紀勢本線の逢神坂トンネルは、二木島方からいうと、二木島峠と逢神坂峠を越える。
  • 楯ヶ崎で東へ約15分。

バス路線[編集]

熊野市コミュニティバス 熊野市自主運行バス

  • 潮風かほる熊野古道線

歴史[編集]

三木里駅新鹿駅の間は紀勢本線最後の開通区間にあたり、当駅は開業当初から紀勢本線に所属した。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
紀勢本線
賀田駅 - 二木島駅 - 新鹿駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「天王寺鉄管局、紀勢線と参宮線の駅業務を大幅削減へ」日本経済新聞1983年6月29日付、地方経済面中部7ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]