湖山池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
湖山池
湖山池.jpg
所在地 日本の旗 日本 鳥取県鳥取市
面積 7 km2
周囲長 18 km
最大水深 6.5 m
水面の標高 0 m
成因 海跡湖
淡水・汽水 汽水
湖沼型 富栄養湖
透明度 0.7 m
テンプレートを表示

湖山池(こやまいけ)は、鳥取県鳥取市の北部にある汽水湖。「」と付く湖沼の中では日本最大の広さである。

概要[編集]

湖山池は鳥取県内では、中海の次に大きい湖沼である。古代に日本海から湾入した場所が、砂丘の発達や堆積により、海と分離されてできた海跡湖である。大小多数の小が浮かぶ。最大の島である青島には、湖岸から架橋されており、桜の木が多数植えられた道路で徒歩や自転車により一周することができ、キャンプも可能である。数本の河川が流入、湖山川によって日本海と結ばれる。鳥取市郊外の行楽地の一つである。

鳥取市三津地区では、全国的にも珍しい石がま漁が冬季に行われている。石の隙間に潜む魚を棒でつついて追い込み捕獲する漁法で、県指定無形民俗文化財に指定されている。地元自治会やNPOが保存に努めている。漁期間中には石がま祭も行われる。

広大な水田を有していた長者が、日没までに田植えが終わらなかったため、扇子で夕日を招き返して田植えを終えたが、一夜明けると田は全て池に変わっていた、という「湖山長者」の伝説が知られる(似たような話が岐阜市ゆうべが池に伝わっている)。古くから開けた地域であり、青島周辺には縄文時代から弥生時代にかけての遺跡がある。また戦国時代には東側の湖畔に因幡国守護所である布勢天神山城がおかれ、西側の湖畔に突き出た半島には国人領主吉岡氏の居城である防己尾城が築かれた。

最寄駅はJR山陰本線湖山駅末恒駅、それに1995年7月27日以降鳥取大学前駅が加わった。また鳥取大学前駅-末恒駅の間では車窓南に湖山池の美しい風景が見える。ちなみに反対の海側は松林である。

2013年3月、アザラシが発見される。2012年3月に水門が全面開放となった湖山川を通じて日本海から入ってきたと考えられる[1]

画像[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本最大の池、水門開放 鳥取、全国初の再汽水化(47NEWS 2012年3月12日) 。これは、塩分濃度の上昇に伴い、生息環境が変化したため、元々存在しない魚介類等が生息し、元来から生息していた魚介類等が絶滅しつつある

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度30分30秒 東経134度9分2秒