御池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
御池
Miike.jpg
Miyazaki Miike.jpg
高千穂峰と御池
所在地 宮崎県
面積 0.72 km2
周囲長 3.90 km
最大水深 93.5 m
平均水深 - m
貯水量 - km3
水面の標高 305 m
成因 火山湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 貧栄養湖
透明度 3.1 m
テンプレートを表示
御池(1976年撮影)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

御池みいけ)は、宮崎県都城市高原町との境界に存在する直径約1km、周囲3.9km、ほぼ円形の火口湖である。高千穂峰の威容を湖面に映している。

地理[編集]

水面の標高は305m、水深は93.5mあり、火口湖としては日本で最も深い。池から流出する川はない。森に囲まれており、池畔には「御池野鳥の森」と呼ばれる公園とキャンプ場がある。オシドリコガモトモエガモなどの水鳥が多く生息する[1]

地質[編集]

霧島山火山活動の一つとして約4200年前に起きたマグマ水蒸気爆発で形成された火口の跡に水がたまってできた。爆発によって飛散した軽石が周辺の地層に残されており、御池軽石あるいは御池ボラと呼ばれている。

歴史[編集]

池岸には松の港、軀瀬港、皇子港、創崎港、苅茅港、柳港、護摩壇港の七港があったとされ、神武天皇が幼少の頃、皇子港の水辺で遊んだという伝説がある。また、池畔で性空上人が護摩焚修行を行ったと伝えられ、池の東には性空上人が拓いたと言われる東霧島神社が、池の西北には霧島東神社がある。太平洋戦争において武器や戦車が池の底に沈められた。

脚注[編集]

  1. ^ 宮崎県総合博物館編・発行 『宮崎県総合博物館総合調査報告書 霧島山の動植物』 2004年

関連項目[編集]