昼特急

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西日本JRバス「東海道昼特急大阪号」744-3992
西日本JRバス「東海道昼特急大阪号」744-3992
JRバス関東「中央道昼特急京都号」D674-03508
JRバス関東「中央道昼特急京都号」D674-03508
JRバス関東「プレミアム昼特急号」D674-00506
JRバス関東「プレミアム昼特急号」D674-00506

昼特急(ひるとっきゅう)とは、JRバスグループ各社(ジェイアールバス関東ジェイアール東海バス西日本ジェイアールバス中国ジェイアールバス)、京福バス並びに福井鉄道により昼間に運行される長距離高速バス路線の総称である。

かつては、防長交通ジェイアール九州バスでも運行していた。

なお、本項では読みやすさの観点から、以後事業者名の「ジェイアール」を「JR」と略記する。

概要[編集]

昼間は休んでいる夜行バス「ドリーム号」の車両を昼行便にも有効活用して、車両の稼働率を高める目的で登場した。そのため、車両は一部を除いて「ドリーム号」と同様のダブルデッカー車が使われる。

なお、狭義で「昼特急」とは、JR系バス事業者が2階建てバスで昼間(夜行ではない)に長距離(概ね500 - 600km以上)を運行する高速バスを指す。[要出典]2001年(平成13年)12月、西日本JRバスとJRバス関東の共同運行により東京駅 - 大阪駅間に「東海道昼特急大阪号」という名称で運行を開始した。ほぼ東海道新幹線の独擅場である東京 - 大阪間に運賃こそ片道6千円と安いものの(夜行便の通常運賃である8,610円より大幅に安く設定された)、所要時間が8時間以上もかかる昼行バス路線の新規開設という事が話題を呼んだ。当初は時間にゆとりのある若者層をターゲットにしていたが、想定していなかった定年を過ぎた年配者にも好評だったため、その後は増便や新規路線の開設に加え、他社の参入もあった。

当初、「東海道昼特急大阪号」は仮称であり、別に正式な愛称を公募していたが、「昼特急」のスピード感のある響きと「東海道」という江戸時代からの「旅の道中」を連想させる響きとがマッチング(一種のミスマッチ)したためか好評で、ホームページなどでの公募も中止され、そのまま正式な愛称となった。また、昼特急という名称の発祥である「東海道昼特急大阪号」は2002年(平成14年)度の「日経優秀商品・サービス賞」日経MJ(流通新聞)賞最優秀賞に選定された。

なお、夜行バス「ドリーム号」車両の間合い運用による東海道昼特急の発案は、西日本JRバスといわれている(同時に運行を開始した「青春ドリーム号」の発案はJRバス関東である)。

プレミアムシート D674-10502

2006年(平成18年)6月1日より、「プレミアムドリーム号」の車両の間合い運用で、東京 - 大阪間に「プレミアム昼特急号」の運行を開始した。この便はスーパーシート及びプレミアムシートが設置され、鉄道のグリーン車並みの座席とサービスのため、その分やや高めの運賃設定であるが、それでも東海道新幹線はおろか在来線普通列車利用(東京都区内 - 大阪市内の普通乗車券=鉄道運賃のみ)と比べても、通常の大人運賃の場合、片道1,210 - 2,210円も安く設定されている。

また、2008年(平成20年)3月17日 - 4月20日の期間限定で、「青春ドリーム号」の車両の間合い運用により、同じく東京 - 大阪間に「青春昼特急号」が運行された。、通常の昼特急同様トイレは付いているものの、片側2列の4列シートのため東京 - 大阪間の片道運賃は4,300円となり通常便より1,700円安かった。なお、同年12月19日 - 2009年(平成21年)1月1日・5日 - 12日にも運行され、2009年4月現在繁忙期に運行されている。

座席は全席指定席で、事前に乗車券を予約・購入する必要がある。乗車券はJRバスなど運行会社の窓口に加えて、インターネット予約サイトの「高速バスネット」などで予約・購入できる。なお、「横浜昼特急大阪号」の乗車券は神奈川中央交通湘南神奈交バス)の窓口で、福井 - 東京線はJRバス関東の窓口でも購入できる。また、「発車オ〜ライネット」で予約した場合はもちろん、2008年3月1日より「高速バスネット」枠での電話予約・WEB予約いずれの場合でもローソンファミリーマートサークルK・サンクスで購入できる。但し、同年7月1日より東京 - 京阪神系統においては、夜行便のドリーム号と共に「発車オ〜ライネット」での取り扱いを停止し、「高速バスネット」に移行している。

なお、ゴールデンウィーク旧盆年末年始高速道路の大規模な交通渋滞(所要時間の大幅な増加)が予想される時期や、年1回行われる名神高速道路東名高速道路のリフレッシュ工事(集中工事)期間中には、遅い時間帯に出発する便を運休し早い時間帯の便にバスを振り向ける(複数台数による運行)措置が取られる。

現行の昼特急路線[編集]

※各系統の停車停留所など詳細については該当路線のページを参照のこと

停車停留所は静岡駅 - 東名静岡 - 東名焼津西 - 東名吉田 - 東名菊川 - 東名掛川 - 東名袋井 - 東名浜松北 - 東名浜名湖 - 東名豊川 - 東名本宿京都深草 - 千里ニュータウン - 大阪駅JR高速バスターミナル - USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
クローズド制度のため静岡駅 - 東名本宿や京都深草 - USJのみの利用はできない。
2006年までは西日本ジェイアールバスと共同運行だったためJR東海バスが大阪行を、西日本JRバスが静岡行を担当していた。[要出典]また当時の経路は静岡駅 - 東名静岡 - 東名吉田 - 東名浜松北 ⇔ 京都深草 - 大阪駅桜橋口だった。その後廃止され、2011年より単独運行で復活して現在にいたる。
JR東海バスは類似路線として浜松駅 - 京都駅を結ぶ東名名神直通バスを単独で運行していたが既に廃止されている。
東名ハイウェイバス名神ハイウェイバスと同等の車輌を使用。

過去に存在していた昼特急路線[編集]

昼特急まいこ号(防長交通)

乗務員交代について[編集]

これらの乗務員交代により乗務員はそれぞれの出発点へ戻ることができ、効率的な運用が行われている。この交代の際にはハブの点検などの簡単な車両点検を行っている。

注記[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]