姫路駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯34度51分36秒 東経134度42分07秒 / 北緯34.859876497180736度 東経134.70182418823242度 / 34.859876497180736; 134.70182418823242

姫路駐屯地周辺の航空写真(駐屯地は姫路競馬場の北側)

姫路駐屯地(ひめじちゅうとんち、JGSDF Camp Himeji)は、兵庫県姫路市峰南町1-70に所在し、第3特科隊等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。最寄の演習場は青野ヶ原演習場駐屯地司令は、第3特科隊長が兼務。

駐屯部隊[編集]

歴史[編集]

1897年(明治30年)10月、旧陸軍野砲兵第10連隊騎兵第10連隊、輜重大隊は駐屯して以来第二次世界大戦終結まで第10師団隷下部隊が使用していた[1]

終戦後、一時期は教育施設として利用されていたが、1951年(昭和26年)2月に警察予備隊先遣部隊が善通寺から到着して姫路駐屯地として開庁される。同年4月に特科第63連隊が発足して以来、幾多の改編を経て現在に至る。また第10特科連隊第13特科連隊はこの地で新編され、中部方面隊管内に所在する特化部隊の源でもあった[1]

最寄の幹線交通[編集]

展示品[編集]

駐屯地には屋外展示品として以下のものがある。

かつて存在した以下の展示物は2011年頃に撤去された模様。

また、資料館があり旧日本帝国陸軍 第10師団 歩兵第39聯隊関連の資料、三十一年式速射砲警察予備隊から自衛隊に至る関連資料などが展示されている。駐屯地敷地はかつての陸軍基地であり、敷地内には旧陸軍時代の衛兵詰所や兵舎など、多数の当時の建物が現存している。

行事[編集]

  • 毎年8月前半に盆踊り大会が開催される。隊員有志による和太鼓演奏と花火大会などが開催される。
  • 毎年11月前半に駐屯地創立記念行事が開催される。FH-70と74式戦車などによる一斉射撃などが展示される。またレンジャー部隊有志による展示訓練が披露されるがコミカルな寸劇仕立ての内容が近年人気を博している。
  • 毎年12月中旬に隊員によって姫路城の大規模清掃が行われる。訓練の一環としてボートやロープ、車両などを用いて通常では清掃が困難な石垣や堀などのを清掃を手がけている。

重要施設[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]