神町駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯38度24分07秒 東経140度23分57秒 / 北緯38.40194908237822度 東経140.3990936279297度 / 38.40194908237822; 140.3990936279297 神町駐屯地(じんまちちゅうとんち、JGSDF Camp Jinmachi)は、山形県東根市神町南3-1-1に所在し、第6師団司令部等が駐屯する陸上自衛隊駐屯地である。師団司令部がおかれている他、多数の部隊を抱える。駐屯地の面積は約3万km²。

最寄の演習場は、大高根演習場(村山市)。駐屯地司令は、第6師団副師団長が兼務。  

駐屯部隊[編集]

沿革[編集]

  • 1942年(昭和17年):神町海軍航空隊が設置される。
  • 1945年(昭和20年):戦争終結後、米軍が進駐し「神町キャンプ」として使用される。
  • 1956年(昭和31年):日本に返還、「陸上自衛隊神町駐屯地」として発足。

最寄の幹線交通[編集]

重要施設[編集]

  • 酒田共同火力発電所(出力70.0万kW。石炭)(酒田市
  • 酒田変電所(超高圧変電所)(酒田市)
  • 新庄変電所(一次変電所)(最上郡大蔵村
  • 西山形変電所(一次変電所)(東村山郡山辺町
  • 山形幹線(新庄変電所から西山形変電所までの約53kmを通過する、27万5千Vの超高圧送電線。なお、50万V送電の設計である)
  • 最上幹線(酒田変電所から新庄変電所までの約50kmを通過する、15万4千Vの超高圧送電線)
  • 陸羽幹線(新庄変電所から宮城変電所までの約30kmを通過する、27万5千Vの超高圧送電線)

外部リンク[編集]