M114 155mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M114 155mm榴弾砲
USArmy M114 howitzer.jpg
種類 榴弾砲
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1942年-
配備先 採用国を参照
関連戦争・紛争 第二次世界大戦朝鮮戦争ベトナム戦争など
開発史
開発期間 1939年-1941年
製造業者 日本製鋼所神戸製鋼所(日本)
製造期間 1941年-
製造数 6,000門以上
諸元
重量 5,700kg(牽引時)
全長 7.315m(牽引時)
全幅 2.438m(牽引時)
全高 1.803m(牽引時)
要員数 11名

砲弾 薬嚢式
口径 155mm
砲身 3,780mm(24口径)
砲尾 螺旋式
反動 液気圧式
砲架 開脚式
仰角 -2°~+63°
旋回角 左24°-右25°
発射速度 4発/分(最大)
40発/時(連続射撃時)
初速 563m/秒
有効射程 約14,600m(榴弾

M114 155mm榴弾砲(M114 155 mm howitzer)またはM1 155mm榴弾砲は、アメリカ合衆国製の榴弾砲

概要[編集]

アメリカ軍は、第一次世界大戦中にフランス製のシュナイダーM1917C 155mm榴弾砲M1918 155mm榴弾砲として採用し、当初はその近代化改修のために砲架だけを新型にする予定であったが、後に砲本体も新規に設計することとなった。

この新型榴弾砲は、M1 155mm榴弾砲として1941年に制式採用され、アメリカ軍では第二次世界大戦朝鮮戦争ベトナム戦争において陸軍海兵隊の双方がM2A1 105mm榴弾砲と共に歩兵師団砲兵連隊に配備して運用した。

後にアメリカ軍ではM198 155mm榴弾砲に更新されて退役したものの、多くが大戦中および大戦後に供与され、今なお各国で使用されているほか、韓国イスラエルなどでは延長された砲身とマズルブレーキを装着して射程距離を延長する近代化改修型が製造されている。

陸上自衛隊でも米軍供与品の155mm榴弾砲M1として野戦特科部隊が保有し、国産のデッドコピーである58式も製造したが、後にFH70に更新されて退役した。

採用国[編集]

南北アメリカ

アルゼンチンブラジルチリエクアドルベネズエラカナダアメリカ合衆国

ヨーロッパNATO加盟国

オーストリアデンマークギリシャノルウェーポルトガルトルコユーゴスラビアボスニア・ヘルツェゴビナ

中東北アフリカ

イランイラク、イスラエル、ヨルダンレバノンリビアサウジアラビア

東アジア東南アジア

カンボジア日本韓国フィリピンシンガポール中華民国台湾)、タイ王国ベトナム(旧南ベトナム)。

派生型[編集]

HM 41 155mm榴弾砲英語版
  • イラン製の派生型。砲身を6,095mm(39口径)に延伸し、最大射程を30kmに延長している。砲撃時の反動を抑えるために砲口にマズルブレーキを装着しているほか、軽量化のために砲架の防盾を取り外している。イラン陸軍が採用[1]。また、HM 41を6輪式トラックの荷台部分に搭載した自走榴弾砲も開発されている[2]
KH-179 155mm榴弾砲韓国語版
  • 韓国製。砲身を39口径のものに換装し、最大射程を30kmに延伸している。砲口にマズルブレーキを装着しているほか、砲架の防盾も外されている[3]1983年より韓国軍への部隊配備が開始されている[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Defense Industries Organization(イラン防衛産業機構) - ARMAMENT INDUSTRIES GROUP
  2. ^ イラン側の紹介動画 - YouTube
  3. ^ ヒュンダイWIA - Military/Land
  4. ^ 日本周辺国の軍事兵器:KH179 155mm榴弾砲

外部リンク[編集]