M115 203mm榴弾砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
M115 203mm榴弾砲

M115 203mm榴弾砲は、アメリカ合衆国1939年に開発した榴弾砲。開発当初のM1 203mm榴弾砲、生産技術の向上に伴うM2 203mm榴弾砲第二次世界大戦後に型式変更されたM115 203mm榴弾砲があるが、基本的には同一である。

車輪数は4輪で牽引式である。この自走化したものが、M110 203mm自走榴弾砲である。

アメリカ陸軍を始め9ヶ国で運用され、陸上自衛隊では、米軍供与品の203mm榴弾砲M2として特科部隊が運用していた。

諸元・性能[編集]

諸元

性能

  • 最大射程: 16,700m(榴弾
  • 発射速度: 20発/時(持続),10発/分(最大)

砲弾・装薬

  • 弾薬: 分離弾薬筒



関連項目[編集]