レンジャー (陸上自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レンジャー徽章。
右写真の防衛記念章の上にあるものがレンジャー教官適任者用の徽章(金色)で、その上が冬季遊撃徽章。
襟についているのは施設科の職種徽章。

陸上自衛隊におけるレンジャー(Ranger)は、陸上自衛官の中でレンジャー課程を修了し、レンジャー徽章を有する者。

徽章の意匠は、「勝利」の象徴・月桂冠に囲まれた、「堅固な意思」の象徴・ダイヤモンド

レンジャー有資格者のみで構成されている部隊として、「特殊作戦群」と「西部方面普通科連隊レンジャー小隊」の二つが存在する。

沿革と概要[編集]

空挺レンジャー課程。

アメリカ陸軍では、優秀な歩兵による遊撃戦部隊として第75レンジャー連隊が編成されていたのに対して、陸上自衛隊では、レンジャー資格の保有率が高い普通科部隊において任務遂行に際し必要がある場合にレンジャー資格を保持する隊員を集め、臨時にレンジャー小隊を編成することはあったものの、長い間常設のレンジャー部隊や特殊部隊は組織されず、レンジャーは隊員個人の資格に留まっていた。

第1空挺団対馬警備隊等は部隊に占めるレンジャー資格者の割合が極めて高く、「即応性を高めた精鋭部隊」という点では、米軍のレンジャー部隊と同様の機能を求められていたが、常設の部隊としては特殊作戦群西部方面普通科連隊(レンジャー小隊)が創設されるまで存在していなかった。

陸上自衛隊における正式な課程教育としては、陸上自衛隊富士学校の「幹部レンジャー課程」及び空挺教育隊の「幹部/陸曹空挺レンジャー課程」がある。これらを修了すると、付加特技「r(レンジャー)」及び「レンジャーき章」が付与される。これらの教育課程を一定基準以上の成績で修了し、富士学校のレンジャー助教訓練において相当とする成績を収めた者は、「教官適任証」が与えられる。なお、幹部レンジャー課程卒業者及び教官「適任証保有者」は徽章が金色となる。

空挺レンジャー。
上から空挺徽章、レンジャー徽章、個人の名札。
レンジャーに加えて格闘、スキー、冬季遊撃水陸両用洋上潜入艇長潜水水路潜入空挺自由降下(空挺FF)など複数の徽章を付けた隊員も存在する。

また、レンジャー修了者に対し、寒冷積雪地における戦技を教育する冬季戦技教育隊の「冬季遊撃課程」(修了者には「冬季遊撃き章」が付与される。)、助教としての専門的教育をする、陸上自衛隊富士学校の「レンジャー助教課程」がある。

このほか、各師団・旅団等でも部隊の精強化策の一環として集合教育「部隊レンジャー」[1]を実施しており、前述の教官適任証を持つ幹部または上曹が主任教官となって、幹部の一部[2]や陸曹・陸士を対象として教育している。これらは、正式な課程教育ではないが修了者には付加特技「r」が付与される。平成15年頃までは、主に防大出身の幹部も「部隊レンジャー」を受講していたが、現在幹部のレンジャー教育は富士学校の幹部レンジャーに一本化されている。

レンジャー課程の帰還行事。

これらの「部隊レンジャー」の教育内容や卒業生の練度の不斉一さなどが指摘されているが、その地方の特性に合った遊撃活動のエキスパートを育てるという意味では適しているとも言える。第13普通科連隊の「山岳レンジャー」などはその好例である(ただし、現在は旅団レンジャーに集約され存在しない)

訓練の進行区分としては、「幹部レンジャー課程」及び「部隊レンジャー」が9コ想定、「空挺レンジャー課程」が6コ想定(空挺隊員であるため、体力向上運動や一部の基礎訓練が免除)で構成される。いずれの訓練も筆舌に尽くし難いほど過酷なことで知られている。

訓練期間中、学生は、教官からのあらゆる指示には絶対服従であり、一切反論せず「レンジャー!」とのみ応える。これに似たものとしてアメリカ陸軍のレンジャーが返事などに使用する「フーア!(Hooah)」がある。

陸上自衛官約14万人のうち、約8%の隊員がレンジャー資格を持つ。なお、レンジャー隊員になっても、手当が増額するなど、直接的な待遇面での優遇は無い[3]

ただし、特殊作戦群と西普連レンジャー小隊に所属する隊員に関しては「特殊作戦隊員手当」が支給されている[4]

訓練概要[編集]

10マイル走を行う隊員。
レンジャー訓練を終えた隊員を迎える家族。

レンジャー課程は例年、5月下旬から約3ヶ月間行われ、前半の体力訓練と後半の実戦訓練に分かれる。訓練に参加するには、年齢・体力の基準を満たしていなければならない。

  • 前半(体力訓練)
    • かがみ跳躍
    • ロープ渡り、ロープ登り
    • ハイポート(小銃を両手で持ち上げた状態で行う長距離走)
    • 20キロ走-炎天下で、小銃を携帯し戦闘服着用の完全装備。アスファルトの地面を戦闘靴(ブーツ)で蹴るので、相当な苦痛を味わうことになる。
  • 後半(実戦訓練)
    • 爆破小銃の射撃、襲撃(伏撃など)、斥候徒手格闘、隠密処理(刃物等の無音武器のみを用い襲撃、暗殺)
    • 通信術(FM無線機での戦術交話、手信号など)
    • 野戦築城、潜伏
    • ヘリボーン、舟艇潜入、武装水泳、緊急脱出(水中において装具、靴等を放棄する訓練)
    • 森林戦夜戦山岳戦[5]雪中戦市街戦CQB
    • 生存自活(「生きた蛇を調理して食べる訓練」として知られており、食べることのできる動植物の知識や判別法、調理法などを学び、実際に蛇や鶏等を解体処理し食する[6]。)
    • 野外衛生
    • 対尋問行動
    • パルチザン(敵の勢力圏内で、金銭や食料などを活用して協力者を獲得する)

すべての訓練が終了すると、帰還行事が行われ、隊員にレンジャー徽章が授与される。

空挺レンジャー資格の規定[編集]

一般部隊から第1空挺団へ転属した隊員のうち、「部隊レンジャー」を修了している隊員に関する規定

  1. 陸曹になってから「部隊レンジャー」を修了した隊員は、現在、「陸曹空挺レンジャー課程」は免除されている。但し、本人が受講を望む場合はこの限りではない。(過去においては必須であった。)
  2. 陸士で「部隊レンジャー」を修了し空挺団に異動した場合、資格は取り消される。陸士の「部隊レンジャー」を修了し、陸曹昇任後、空挺団に異動した場合、「陸曹空挺レンジャー課程」の受講が必要である

空挺団に所属する幹部及び陸曹は、基本的に「空挺レンジャー課程」修了を求められる。経歴管理上、教育に参加できなかった隊員も存在するが、資格があるにもかかわらず未了者は他部隊への異動対象となる。

冬季遊撃レンジャー[編集]

冬季戦技教育隊で10週間の「冬季遊撃課程教育」を修了することで冬季遊撃レンジャー資格を授与される。2008年度より集合訓練から課程教育に昇格した。参加資格はレンジャー資格、及びスキー検定1級または部隊スキー指導官資格を保有する幹部・陸曹であること。

資格者は、冬季遊撃徽章を制服及び迷彩服に着用できる。この資格保有者は冬季におけるスキー機動、雪中戦のスペシャリストとして認められ、雪山の遭難者捜索の際は出動要請がかかり、優先的に派遣される[7]

訓練内容は積雪寒冷地の山岳地帯における戦闘行動、ゲリラ戦についての訓練である。スキー・装具を装着してのリペリング降下訓練や雪洞内での宿営訓練、無反動砲や小銃を携行し30kgを超える背嚢を背負ってのスキー行進訓練、ゾンデ棒による遭難者救出訓練等も行い雪中戦のスペシャリストになるべく訓練を行う。 しかしながら、一晩の降雪が60cmを超える豪雪地帯であり吹雪で体感温度が-40℃以下にもなるニセコ山中での状況下の機動訓練は、火気の使用を厳重に禁じられる中で凍ったレーションを食することを余儀なくされ、十分に休養もとれない中で実施されるなど壮絶を極め、体力・精神ともに限界まで追い込まれる。常に凍傷や遭難の危険にさらされるため、徹底した安全管理下での訓練とはいえ教官・助教も含めた教育参加隊員は命がけで行っている。心身の故障で訓練についていけなくなった隊員は、失格となり原隊に送り返される。

資格者、特に冬季戦技教育隊所属隊員は「ゲリラ・フォース(遊撃部隊)」を自任し、多分に不正規戦を意識しているものとされる。

有事の際、冬季遊撃レンジャー徽章保有者は集合命令を受け、冬戦争の際のフィンランド軍スキー部隊のような特殊部隊を編成する。それを冬季戦技教育隊が担任するとされている[8]

脚注[編集]

  1. ^ 主に師団等隷下の普通科連隊がその年毎持ち回りで教育を担任する。普通科連隊内の普通科中隊が担任部隊に指定され中隊長が担任官となり、主に担任中隊より主任教官が派遣される。教官助教は普通科や特科・機甲科のレンジャー保有者で助教課程を卒業し一定のレベルを保有する者が主に指定され、時にはレンジャー資格を有する陸士も助教や伝令等の本部要員として参加する場合もある。
  2. ^ 平成14年頃までは部隊レンジャー訓練において幹部も受講していたが、以後は各部隊での指導教官の育成を目的として富士学校の幹部レンジャー課程に集約されている
  3. ^ “「精鋭部隊」目指して… 自衛隊“レンジャー訓練”に密着!”. テレビ東京. (2014年5月5日). http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/life/post_65661/ 2014年5月6日閲覧。 
  4. ^ 陸上自衛隊訓令第22号
  5. ^ 主に演習場若しくは駐屯地近隣の民間が保有する山岳部等を使用申請し活用する場合もある。
  6. ^ 蛇は野生のものを捕獲するのではなく、事前に教官が用意したものを用いる。また、鶏は主に雄や養鶏場で玉子を生まなくなった廃鶏が支給される。中には素手で鶏の首をもぎ取る強者もいる
  7. ^ 特に雪山による遭難事故が原因の災害派遣要請時は、冬期遊撃の保有者を中心とした編成が組まれ、待機任務に就いていない場合においても必要に応じて災害派遣による招集・派遣命令が達せられる事が多い。特に雪崩などが発生しやすい時期は保有者をリストアップし災害派遣要員の中に最初から数名を待機させている場合もある
  8. ^ 細部については機密扱いで公表されないので注意

関連項目[編集]

外部リンク[編集]