モキュメンタリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モキュメンタリー: Mockumentary)は、映画テレビ番組のジャンルの1つで、架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風表現手法である。モキュメンタリーは「モック(wikt:mock)」と、「ドキュメンタリー」のかばん語であり、「モックメンタリー」「モック・ドキュメンタリー」ともいう。また、「フェイクドキュメンタリー」と呼ばれる場合もある。

概要[編集]

作風はコメディから、よりもっともらしくねつ造されたシリアスなものなど幅広い。しかし、あくまで事実を伝えるドキュメンタリーとして構成していくため、ドキュメンタリーの慣例に則って虚構のインタビューやニュース映像、関係者の証言、関係各位などの感謝の言葉などが織り交ぜられてゆく。

このジャンルの起源は、はっきりとは分かっていない。映像作品以前では1938年に放送され実況中継風の演出が話題となったラジオドラマ『宇宙戦争』が有名だが、映画では1950年代に現れている。1980年代に架空のバンド"スパイナル・タップ"を追ったクリストファー・ゲストの作品『スパイナル・タップ』で有名になった。その後の1990年代には、魔女伝説を扱った低予算映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が興行収入の面で大きな成功を収めた例として挙げられる。

「モキュメンタリー」という言葉は、前述の『スパイナル・タップ』の監督ロブ・ライナーがインタビューで用いた1980年代中頃に大衆化したと考えられている。言葉の確かな初出は分かっていないが[1] 、『オックスフォード英語辞典』には1965年から掲載されている[2]

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

DVD[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Roscoe, Jane; Craig Hight (2001). Faking it: Mock-documentary and the Subversion of Factuality. Manchester University Press. ISBN 0719056411. 
  2. ^ “mockumentary, n.”. Oxford English Dictionary. Oxford University Press. (2010 draft entry). http://dictionary.oed.com 2010年7月28日閲覧。.