モキュメンタリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モキュメンタリー: Mockumentary)は、映画テレビ番組のジャンルの1つで、架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風表現手法である。モキュメンタリーは「モック(wikt:mock)」と、「ドキュメンタリー」のかばん語であり、「モックメンタリー」「モック・ドキュメンタリー」ともいう。また、「フェイクドキュメンタリー」と呼ばれる場合もある。

概要[編集]

作風はコメディから、よりもっともらしくねつ造されたシリアスなものなど幅広い。しかし、あくまで事実を伝えるドキュメンタリーとして構成していくため、ドキュメンタリーの慣例に則って虚構のインタビューやニュース映像、関係者の証言、関係各位などの感謝の言葉などが織り交ぜられてゆく。

このジャンルの起源は、はっきりとは分かっていない。映像作品以前では1938年に放送され実況中継風の演出が話題となったラジオドラマ『宇宙戦争』が有名だが、映画では1950年代に現れている。1980年代に架空のバンド"スパイナル・タップ"を追ったクリストファー・ゲストの作品『スパイナル・タップ』で有名になった。その後の1990年代には、魔女伝説を扱った低予算映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が興行収入の面で大きな成功を収めた例として挙げられる。

「モキュメンタリー」という言葉は、前述の『スパイナル・タップ』の監督ロブ・ライナーがインタビューで用いた1980年代中頃に大衆化したと考えられている。言葉の確かな初出は分かっていないが[1] 、『オックスフォード英語辞典』には1965年から掲載されている[2]

主な作品[編集]

映画[編集]

  • 人間蒸発 - 1967年の日本映画。今村昌平監督。失踪した婚約者を追う女性を描く。
  • オール・ユー・ニード・イズ・キャッシュ - 1978年のアメリカ映画。架空のロックバンド、「ザ・ラトルズ」のメンバーたちを描く。
  • 食人族 - 1983年のイタリア映画。ルッジェロ・デオダート監督。きわめてショッキングな内容と真贋論争が話題となり、モキュメンタリー映画の原点的存在となった。
  • カメレオンマン - 1983年のアメリカ映画。ウディ・アレン監督。ウディ・アレン自身が扮する、特殊能力を持った主人公ゼリグを追った作品。
  • スパイナル・タップ - 1984年のアメリカ映画。ロブ・ライナー監督。架空のロックバンド、「スパイナル・タップ」のメンバーたちを描く。
  • ボブ★ロバーツ - 1992年のアメリカ映画。ティム・ロビンスアメリカ合衆国上院に立候補する政治家を演じた。
  • ありふれた事件 - 1992年のベルギー映画。連続殺人犯の素顔を密着ドキュメンタリー・タッチで描いてゆく作品。
  • 光と闇の伝説 コリン・マッケンジー - 1996年のニュージーランド映画。ピーター・ジャクソンとコスタ・ボーテス監督。20世紀初頭のニュージーランドで世界のあらゆる映画を先取りしたものの歴史の中に消えた伝説の映画監督コリン・マッケンジーを追った作品。
  • ブレア・ウィッチ・プロジェクト - 1999年のアメリカ映画。"ブレア・ウィッチ"の伝説を追う学生をドキュメンタリー・タッチで描いた低予算映画。作品をウェブと連動させ、大ヒットした。
  • ドッグ・ショウ! - 2000年のアメリカ映画。ドッグ・ショーに賭ける人々を描いている。クリストファー・ゲスト監督。
  • みんなのうた - 2003年のアメリカ映画。3組のフォーク・ミュージシャンを追った作品。クリストファー・ゲスト監督。
  • フランキー・ワイルドの素晴らしき世界- 2004年のイギリス・カナダ合作映画。聴覚を失ったDJの物語だが、フランキー・ワイルドという人物は実在しない。
  • ノロイ - 2005年8月20日に公開された日本のホラー映画。
  • ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 - 2006年のアメリカ映画。イギリス人コメディアンのサシャ・バロン・コーエンが、カザフスタン人ジャーナリストに扮してアメリカを旅するコメディ。
  • 大統領暗殺 - 2006年のイギリス映画。「もしも(当時在任中の)ジョージ・W・ブッシュ大統領が暗殺されたら」という仮定を元に、架空の米国大統領暗殺事件の真相に迫る。日本では、「ブッシュ暗殺」としていた当初の邦題が映倫に不許可とされ変更となった事が話題となった。冒頭で「この作品はフィクションであり、登場する実際の組織や人物は全て、本作品の内容とは全く無関係である」と明言される、モキュメンタリー映画としては異例の構成になっている。
  • 大日本人 - 2007年の日本映画。松本人志監督。巨大生物を退治する男へのインタビューという設定。
  • クローバーフィールド/HAKAISHA - 2008年公開のアメリカ映画。巨大怪獣が大都会を襲う様子をホームビデオで撮影したという設定で描かれる。
  • REC/レック - 2007年、スペインのホラー映画。ジャウマ・バラゲロ、パコ・プラサ共同監督作品。
  • パラノーマル・アクティビティ – ある恋人同士の間に起きる怪現象を描くアメリカの映画。オーレン・ペリ監督作品
  • THE 4TH KIND フォース・カインド – 2009年のアメリカ映画。夫を亡くした心理学者がその死の真相を探り遭遇した事件を、ドキュメンタリーの映像と再現ドラマの映像から描く。事実に基づいた作品であるという宣伝がされていた。
  • 容疑者、ホアキン・フェニックス - 2010年のアメリカ映画。
  • トロール・ハンター – 2010年のノルウェー映画。ノルウェーの田舎町で熊の密猟事件を取材していたとき、伝説の生き物トロールが出現。学生3人はトロールの衝撃的な生態をカメラに収める。
  • アパートメント:143 – 2011年のスペイン映画。 妻の死を契機に怪現象に悩まされるようになり、精神科医ヘルザーが率いる超心理学科学者チームに調査を依頼する。
  • スピーク - 2011年のアメリカ映画。
  • アポロ18 - 2011年のアメリカ、カナダ合作映画。隠蔽されていたアポロ18号の記録映像、という体裁で公開された。
  • グレイヴ・エンカウンターズ - 2011年のカナダ映画。
  • POV〜呪われたフィルム〜 - 2012年2月18日に公開された日本のホラー映画。
  • パラノイアック - 2015年1月17日に公開された日本のホラー映画。フリーゲームを実写化した作品。
  • シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア - 国内では2015年1月24日に公開されたニュージーランドのヴァンパイア・コメディ映画。共同脚本・監督のタイカ・ワイティティとジェマイン・クレメントはメインキャストのヴィアゴとブラド役で出演もしている。

テレビドラマ[編集]

漫画[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Roscoe, Jane; Craig Hight (2001). Faking it: Mock-documentary and the Subversion of Factuality. Manchester University Press. ISBN 0719056411. 
  2. ^ “mockumentary, n.”. Oxford English Dictionary. Oxford University Press. (2010 draft entry). http://dictionary.oed.com 2010年7月28日閲覧。.