トロール・ハンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トロール・ハンター
Trolljegeren
監督 アンドレ・ウーヴレダル
脚本 アンドレ・ウーヴレダル
製作 ジョン・M・ヤコブセン
編集 パー=エリック・エリクセン
製作会社 フィルム・ファンドFUZZ
配給 ノルウェーの旗 SFノルウェー
アメリカ合衆国の旗 マグノリア・ピクチャーズ
日本の旗 ツイン
公開 ノルウェーの旗 2010年10月29日
アメリカ合衆国の旗 2011年6月10日
日本の旗 2012年3月24日
上映時間 104分
製作国 ノルウェーの旗 ノルウェー
言語 ノルウェー語
製作費 NOK $19,000,000
$3,500,000
興行収入 $4,159,678
テンプレートを表示

トロール・ハンター』(原題: Trolljegeren、英題: The Troll Hunter)は、2010年ノルウェーの擬似ドキュメンタリー(モキュメンタリー)映画。日本トロール保安機関推薦映画作品。


ストーリー[編集]

熊の密猟事件を調査する3人の学生。彼らは怪しい男、ハンスを密猟を行っているハンターと推測し、尾行するが、深夜森の中で何者かに襲撃され、ハンスに助けられる。ハンスによると、襲ってきたのはトロールで、自分はトロールの存在を隠蔽するためにトロールを狩っているトロール・ハンターだという。国に雇われてトロールを狩っているハンスだったが、トロールの扱い方に疑問を持っており、トロールの実在を公表するために学生たちに取材を許可する。半信半疑ながらもハンスについていく学生たちだったが、やがて彼らの前に、本物のトロールが姿を現した。

トロール[編集]

トロールは、北欧で昔から語り継がれている伝説の妖精。劇中では巨大な体躯を持つ怪物として登場する。哺乳類の一種であり、肉食性。寿命は1000年から1200年。知能は極めて低い。紫外線に弱く、それを浴びた場合、若いトロールは血管にガスがたまり爆発、高齢のトロールは身体が骨化することで石のようになり死に至る。キリスト教徒のにおいに敏感であり、嗅ぎつけると襲いかかってくる。大きく分けて山トロールと森トロールの2種類が存在する。

ノルウェー政府はその存在を隠蔽しており、トロールによる被害は熊のものとしている。トロールのエサとするために牛などの動物を放し、送電線を張り巡らすことでテリトリーの外に出るのを防いでいる。トロールがテリトリーから出て人間に近づいた場合、トロール保安機関(TST)が事態の隠蔽を行う。

  • リングルフィンチ
    最初に森の中で襲ってきたトロール。その時はカメラに捕らえられなかった。家畜のヤギを襲っており、橋の下に獲物を蓄えていた。左腕が欠損している。
  • トッサーラッド
    最初にカメラの前に現れたトロール。3つの頭を持っているように見えるが、本当の頭は1つで、残りは頭に見える突起物である。生まれたときは頭は1つしかなく、成長に伴い増えていく。頭の数で、雄を威嚇したり、雌の気を引く。
  • マウンテンキング
    群れで洞窟に潜んでいたトロール。劇中では唯一群れで登場するトロールである。
  • ハーディング
    名前のみ登場。
  • ヨットナール
    体長60mに達する最大のトロール。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ハンス/トロール・ハンター オットー・イェスパーセン 谷昌樹
トマス グレン・エルランド・トスタード 林勇
ヨハンナ ヨハンナ・モールク 石田嘉代
カッレ トマス・アルフ・ラーセン 川原慶久
フィン・ハウガン ハンス・モーテン・ハンセン 及川ナオキ
ヒルデ トルン・ルーデメル・ストッケラン 佐竹海莉
マリカ ウルミラ・ベルク=ドマース 坂井恭子
ストルテンベルグ首相 イェンス・ストルテンベルグ 齋藤龍吾
クマ調達人 ロベルト・ストルテンベルグ 武田幸史
送電担当者 クヌート・ナールム 真矢野靖人

リメイク[編集]

2011年に芸能ニュース専門の米ブログサイト「Deadline.com」は、本作がクリス・コロンバス製作総指揮、脚本マーク・ヘイムズ、1492ピクチャーズCJエンターテイメント製作でハリウッドリメイクされることを発表した。公開は2014年に予定されている。

外部リンク[編集]