フランキー・ワイルドの素晴らしき世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランキー・ワイルドの
素晴らしき世界
It's All Gone Pete Tong
監督 マイケル・ドース
脚本 マイケル・ドース
製作 ジェームズ・リチャードソン
アラン・ニブロ
製作総指揮 ルパート・プレストン
キム・ロバーツ
ロブ・モーガン
出演者 ポール・ケイ
ベアトリス・バタルダ
音楽 グレアム・マッシー
撮影 バーラージュ・ボリゴ
編集 スチュアート・ガザード
配給 アメリカ合衆国の旗 マトソン・フィルムズ
日本の旗 エイベックス・エンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年4月15日
日本の旗 2006年12月23日
上映時間 92分
製作国 イギリスの旗 イギリス
カナダの旗 カナダ
言語 英語
興行収入 $120,620 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

フランキー・ワイルドの素晴らしき世界』(原題:It's All Gone Pete Tong)は、マイケル・ドース監督の映画。

聴力を失ったDJの再起を追ったドキュメンタリー、に見せかけたモキュメンタリー。監督・脚本は、これが長編2作目となるマイケル・ドース

ポール・ヴァン・ダイクティエストカール・コックスなど人気DJが実名で多数出演している。

キャッチコピー[編集]

音のない世界で 僕は君に出会った

君の笑顔は 僕の音楽になった

ストーリー[編集]

スペインイビサ島のカリスマ的な人気を誇るDJフランキー・ワイルド(ポール・ケイ)は、ある日聴力を失なってしまう。

失意の日々を送っていた彼は、読唇術の女性教師ペネロペ(ベアトリス・バタルダ)と出会い、再生への道を歩み出す。ある夜、耳が聞こえなくても振動で音を感じることに気づいた彼は、DJ再起を決意する。

キャスト[編集]

トリビア[編集]

  • 最後の場面に登場する赤ん坊は、ポール・ケイの本当の赤ん坊である。

劇場公開[編集]

2006年12月23日日本公開。配給はエイベックス・エンタテインメント。

外部リンク[編集]