クリストファー・ゲスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストファー・ゲスト
Christopher Guest
クリストファー・ゲストChristopher Guest
本名 Christopher Haden-Guest
生年月日 1948年2月5日(66歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 ジェイミー・リー・カーティス (1984-)

クリストファー・ゲストChristopher Haden-Guest, 5th Baron Haden-Guest, 1948年2月5日- )は、アメリカ合衆国ニューヨーク市出身の俳優映画監督脚本家である。

来歴[編集]

彼の母親は東欧系ユダヤ系アメリカ人だが、父親はイングランド貴族の出である。1996年に父親が亡くなったために、第5代ヘイデン-ゲスト男爵を襲爵し、1999年トニー・ブレア内閣による改革までイギリス上院に議席を有していた。

俳優・映画監督・脚本家として幅広く活躍しているが、特に脚本を書き主演もした1984年の『スパイナル・タップ』が有名。この作品のために架空のバンド "スパイナル・タップ" を作り上げ、その全米ツアーに密着するというドキュメンタリー方式を取っている。 この手法は "mockumentary"(モキュメンタリー)と呼ばれ、彼は『ドッグ・ショウ!』と『みんなのうた』も同じスタイルで製作している。しかし2005年、彼はもうこの手法は使わないと語った。

私生活[編集]

1984年に女優のジェイミー・リー・カーティスと結婚。彼女はローリング・ストーン誌に載っていたスパイナル・タップの写真を見て彼のことを気に入り、ゲストのエージェントに電話番号を渡したことから交際が始まったという。

主な作品[編集]

外部リンク[編集]