ノロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノロイ
The Curse
監督 白石晃士
脚本 横田直幸
白石晃士
製作 一瀬隆重
一ノ瀬圭生
青木義章
宮内眞吾
製作総指揮 一瀬隆重
出演者 松本まりか
アンガールズ
音楽 慶田次徳
氷室マサユキ
撮影 湯口大輔
編集 高橋信之
配給 日本の旗 ザナドゥー
シンガポールの旗 キャセイ=クリス・フィルムズ
公開 日本の旗 2005年8月20日
シンガポールの旗 2007年9月20日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ノロイ』(英題: The Curse)は、2005年に公開された日本ホラー映画作品。

ストーリー[編集]

東京にある一軒家の火災。なんの変哲もなさそうなただの火災だったが、出火原因は不明でしかもその家の主人の遺体が見つからないという不思議な事件だった。その家の主人とは、主人公・小林雅文(こばやし まさふみ)である。

小林はおそらく生きているものと見られるが、消息は不明。居酒屋に入ってきて謎のノートを渡すと、ふらふらとどこかへ行ってしまった。これが小林の最後の目撃情報だった。そしてそのノートに記された内容は、とてつもなく恐ろしいものだった。

元々ホラー関係のプロデューサーだった小林は、日頃から怪奇現象に興味を持ち、カメラマンと共に怪奇現象の体験者にインタビューして、その謎を解決するような事をやっていた。その日も、ある主婦から「隣の家から赤ちゃんの泣き声がする」という依頼を受けていた。実際、その家を訪問すると、重苦しく異様な雰囲気が漂っていた。ドアをノックすると、興奮した面持ちの女があらわれ、不思議な言葉を残す。後日その家を再訪すると、その女は既に引っ越してしまっていた。無人の家に入ってみると、中にはたくさんの鳩の死体が散らばっていた。

調査を進めるうちに浮かび上がる謎の存在「禍具魂(かぐたば)」。真実が明らかになるにつれ、小林に恐るべき「ノロイ」が降りかかってゆく。

構成[編集]

キャッチコピーは「全ては本当にあったこと、みんな死んだ」である。全編ドキュメンタリー体裁のフィクションで構成されており、いわゆるモキュメンタリー映画のひとつである。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • 小林雅文(こばやし まさふみ) 村木仁 - 主人公。怪奇実話作家。ドキュメンタリー映像作家。
  • 石井潤子(いしい じゅんこ) 久我朋乃 -小林が取材で出会った謎の女性。物語の鍵を握る重要人物。
  • 松本まりか:ある心霊番組の撮影に向かった事から呪いに巻き込まれる事になる。
  • アンガールズ
  • 堀光男(ほり みつお) 寺十吾 -「呪い電波」「霊体ミミズ」を警告する霊能者。全身をアルミホイルで覆った奇妙な格好をしており、不気味な言動・行動を繰り返す。
  • 矢野加奈(やの かな) 菅野莉央 -超能力を持つ少女。ある番組に出たことがきっかけで呪いに巻き込まれる。
  • 石井潤子の家にいた少年 神林秀太
  • 大沢真一(おおさわ しんいち) 柿澤隆史 -小林が取材で出会った青年。彼もまた呪いに巻き込まれた人間の一人であり、後に呪いの犠牲になる。
  • 矢野照之(やの てるゆき) 田野良樹 -矢野加奈の父親。
  • 矢野喜美子(やの きみこ) -矢野加奈の母親。
  • 小林景子(こばやし けいこ) 花井美代子 -小林氏の妻。
  • 宮島久志(みやじま ひさし) -小林氏と行動を共にするカメラマン。ほぼ全編を通じ小林と行動を共にするも、全く危害を受けた様子がない。
  • 君野みどり 岡田茉奈 -松本まりかの後輩。後に呪いの犠牲になり命を落としてしまう。

映画内で放送された特番には飯島愛ダンカン荒俣宏高樹マリア号泣などが出演。

外部リンク[編集]